■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
よんじゅうにーてんいちきゅうごきろ
昨日、4月から勤務(予定)の学校のイベントで、タイトルの距離を歩くというのに参加してきた。

ただ歩くだけやのに、足が悲鳴を上げた。

350人ほどが参加したので、隊列の先頭から最後尾は早々に1キロ以上に広がる。
朝6時に出発して、最終的にゴールした時間も、トップと最後尾では3時間半の開きが出た。
ふきっさらしー

しげのぶがわぞいー



ただ歩いただけやのに、やっぱり1日の使用限度ってのがあるんやな。
生徒にペースを合わせて、隊列の中を行ったり来たりしてたのも余計に疲れる原因になったと思う。
風が予想以上に強くて冷たくて、震えながらのゴールとなった。

帰ってからバスケとかしている生徒を見ると、これが若さというものか、と、高校時代からの時の流れを感じた。


この日歩いた時間、11時間半
この日歩いた歩数、64000歩

慰労会、酔いが回った。

スポンサーサイト
未分類 | 19:15:14 | Trackback(0) | Comments(1)
契約特典
今日、アパートの近くの駐車場を契約したら、管理人の元気なおばあちゃんがいろんなお話をしていろんなお土産を持たせてくれた。

うにあられ~


契約特典として、ありがたくいただいとく。

未分類 | 01:11:45 | Trackback(0) | Comments(0)
おさいふケータイデビュー☆
おさいふケータイデビュー

昨日ケータイをいじってたらEdyのアプリケーションがあったので、
前々から気になってはいたのだけれど、思い立って使ってみることにした。

思ったよりすごくすごく簡単でした!

使う前にちょっとお勉強したのでおさらいを自分なりの解釈で。

ICチップの入ったカードや携帯なんかにあらかじめお金をチャージしておき、支払いの際に現金の代わりに使うのが電子マネー

ICチップが付いているのは
  ・一部の対応クレジットカード
  ・ANAマイレージカードなどの会員カードの類
  ・おさいふケータイとして利用できる携帯電話など。
felicaマーク
このマークが携帯についていたら、あなたの携帯もおさいふケータイ

電子マネーには、Edy、nanaco、suicaなどなどたくさんの種類があり、自分がよく使いそうなものを選ぶ。
 僕はコンビニなんかで使えて一番一般的そうだったEdyにしました。
 なんでも、ユーロ(Euro)、ドル(Dollar)、円(Yen)に次ぐ通貨になってほしいという願いを込め、頭文字をとって”Edy”としたそうです。

電子マネーはプリペイド式なので、使用するにあたってクレジットのような審査や申込も必要なく、誰でも使用できます。
Edy用のアプリケーションがもとから携帯に入っていたので、それを起動させました。
入ってない場合はダウンロードするのかな?

そして、近所のFamily Martにドキドキしながら電子マネーをチャージしに行きました。

「Edyをチャージしたいんですけど」
と言ってみたけど、「Edy」を「チャージする」という概念が合っているかもわからない。
「はあ?こいつEdy初心者だな?」と店員に思われたらどうしよう
などと考えつつ。

「Edyをチャージしたい」ことが伝わったようで、ケータイをレジ横のICチップ読み取り台に乗せる。
「シャリーンと音がするまでお待ちください」
と書いてあったので、
「シャリーンと音がするのかあ」
と思っていると、
「シャリーン
とほんとに音がして携帯が認識され、残高0の表示が出た。

わお、と嬉しくなって、おさいふケータイに生まれ変わったわが携帯を読み取り台から取りあげて、お金を店員さんに渡すと、
「あの、ケータイ近づけておいてください」
と指摘され、結局使い慣れていないことがばれた。

ちなみに携帯は閉じたままでいいし、なんなら電源が切れていてもいいらしい。
もちろんアプリを起動させておく必要もない。

実際に使ってみた。
支払いの際に「Edyでお願いします」と言い、読み取り機に携帯をかざす。
小銭のやりとりが不要で、これでいいの?ってくらい簡単に支払いができた。
履歴も6件までアプリで見返せる。
すばらしい。
ついにおさいふケータイデビュー。

しかし今日のバイトの休憩ではみんなでほっかほっか亭に行ったのでEdyが使えず、
しかもEdyに油断してお金をあまり持ってきていなかったので、お金を借りるはめになった。

未分類 | 08:04:11 | Trackback(0) | Comments(2)
絶望=苦悩-意味
「爆笑問題のニッポンの教養」の中で知った言葉。

絶望の公式
絶望=苦悩-意味

その日取り上げられていたのは東大教授の福島智さん。
後天性で、目が見えず耳も聞こえないが、指点字という方法で会話をこなす。
そしてその福島さんが教えてくれた言葉。

これによると、苦悩に見合うくらいの意味があれば、
どんなに苦しくても絶望しないということである。

苦悩が100あっても意味が100なら、絶望は0になる。

そして、右辺の「-意味」を左辺に移行すると、

絶望+意味=苦悩

となる。

大事なのは苦悩の定義ができたということだけではなく、
絶望に意味が加わった時、それはもはや絶望ではなくなるということ。


じゃあ希望の公式って作れるだろうか?
と思って考えてみた。

希望の公式
希望=目的+意思

それっぽいけど、

希望-意思=目的
希望-目的=意思

ってのが成り立たない気がする。

福島智さんという、おそらく想像を絶する苦しみを乗り越えてきただろう人を通じて、貴重な言葉を知った気がする。
あとは、これを日々にどう活かそうかー。
うーん。
やいやい。

未分類 | 10:46:16 | Trackback(0) | Comments(0)
出前講座に行ってきました
いつも時間が経ってからの更新になるけれど、
2月22日、母校の小学校に出前講座に行ってきました。

モザンビークという国を、というかアフリカを、というか小学生がはじめて意識する外国の空気を、どういう形で紹介できるか想像がつきませんでした。

対象が、その地区の

3つの小学校の児童1~6年生全員

ということなんですが
過疎の山の中の小学校ですので全部で44人です。
3つの小学校全部で44人です。
1年生から6年生まで全員で44人です。
僕が在学していたときは僕の小学校だけで40人くらいいたと思うのですが。
聴講者は他に教職員が17名。

OVデーや留守家族懇談会で活動発表の経験はあったものの、
小学1年生に話をするというのは初めてでした。

実際、途中で少したいくつな空気が流れてるなというのも感じました。

そこら辺は休憩をはさんだり、持ってきていた現地の工芸品や通貨、衣類なんかで気分転換をはかって、なんとか最後まで話し終えました。

小さな学校の子は恥ずかしがりの子が多くてあまり質問してくれないかなあなんて思っていました。
僕もそうだったので。

でもそこは嬉しい思い違いで、次から次へとたくさん質問をしてくれたので、一生懸命答えました。
児童代表のあいさつやお礼の言葉も、なんだか嬉しくて感動しました。
自分が小学生のときは代表を決めて挨拶をするのは役割でしかなかったですが、
その効果は、大人になって言われてみると想像していた以上でした。

最後に校長先生もおっしゃっていたのですが、僕が小学6年生の時には、モザンビークに2年間住むことになるなんて思ってもみなかったのだから、この日話を聞いた子供たちの誰かが、同じようにアフリカに行かないなんて誰が言いきれるでしょうか。

俺の話がそのきっかけの種をまいたかもしれない。

夢のある話ですね。

14年前、卒業記念にグラウンドに植えた桜が、
2階を超えようかという高さにまで大きく成長していました。

未分類 | 21:53:59 | Trackback(0) | Comments(0)
ひとつの事実:無数の真実
一つの事実に対して、人の数だけ違う見方がある。

その人にとってはそれが真実
だって反対側がどうなってるかなんて見えないんだもの。

反対側に立っている人には全然違う風に見えていたとしても、
その人の見方は否定する対象ではなく、見えない反対側を想像する貴重な材料なのだ。
人と意見が食い違うっていうのはそういうことなのだ。

自分と違う意見を否定することしかできない人は、
想像力の貧しい、意見の交換が成り立たない人だと思う。
事実=世界をより豊かに見るチャンスを逃している。

交換した意見がまちがった情報だったとしても、それを知るすべのない自分にとってはそれも真実
まちがった情報でも胸の中に生まれる感情や印象は本物だから。


ミスチルもこう歌っている。
”「愛してる」と君が言う 口先だけだとしても
 たまらなく嬉しくなるから それもまた僕にとって真実
(「Any」より)


それプラス、人は自分の生きてきた経験で作った色つきフィルターを通して物を見ている。
そのフィルターの色、歪み、汚れによっては、見たいものがいつまでも見えない。
見たくないものばかり見えてしまう。

だからそのフィルターをきれいにクリアにしておかなければならない。
それがポジティブシンキング。
悪いことすらもいいことに置き換えられるフィルタ―調整。
あれもこれも自分に都合の良いように考えてしまえる力。

たとえそれが勘違いであったとしても、思い込みだったとしても、
がんばる力、心の励みになるならば、それはなんて素敵な真実

未分類 | 07:33:18 | Trackback(0) | Comments(0)
砥部焼@価格.com
何気にネットで砥部焼を検索していると、
価格.comでうちの皿が売られているのを発見した!!
↓→価格.com 砥部焼のカテゴリ
砥部焼@kakaku


クリックしていくと楽天のサイトにつながり、実際に販売しているのは楽天に登録している“88stage”というネットショップだと分かった。

刷毛目@楽天    吊るし柿@楽天

作品の説明に窯元名とかは書いてないけれどなんとこんなところで出会うとはびっくりじゃのう。
100枚くらい注文してみたらうちにも100枚注文がくるんじゃろうか。



未分類 | 08:03:08 | Trackback(0) | Comments(0)
後任さんいらっしゃい
2年半前、モザンビークのことをネットで調べようと思っても、誰かの古い旅行記くらいしか見つけられなかった。
たまに、すでに帰国した隊員のホームページ(当時はブログが一般的でなかった)があったくらい。

でも今は、モザンビークの現役隊員、帰国隊員のブログがいろいろとあるので、情報を仕入れやすいというかコンタクトをとりやすいのではないだろうか。
モザンビーク国内のネット環境も日々向上していっているし。

先日の春募集で決まった俺の後任の方もきっと、モザンビークについていろいろ調べているはず。
ぜひ俺を見つけてください。
家財道具とか残して欲しいものがあれば早めに言ってください。
もう現地人に売り始めているので、無くなっちゃうかもしれません。

何か、早くコンタクトを。

検索キーワード: モザンビーク、青年海外協力隊、 JOCV、美術、シブトゥトゥイネ、シブトゥトゥイーネ、陶芸、マニサ、教員養成学校

未分類 | 08:22:47 | Trackback(0) | Comments(0)
2009年隊員総会・裏
隊員総会はその名のとおり、隊員が主体となって行われるものです。

やはり人がたくさん集まって一つのことを成し遂げようとするには、たくさんの苦労があるものです。
総会委員さんたちは、首都近郊の人が中心となって、時には遠くの人も話し合いのために上京して、そして時には事務所の人も交えて何ヶ月も前からちょっとずつ話し合いと準備を進めてきていました。

モザンビークには現在約25人の隊員がいますが、総会の時期ともなると、首都近郊に自宅がある人以外、20人近い人がドミで一つ屋根の下に暮らすことになるのです。

そこで繰り広げられる人間模様といったら・・・。

やはり感覚の違い、常識の違い、性格の違い、年齢の違い、いろんな違いから生まれるたくさんのすれ違い、行き違い、考え違いがありました。
そのいろんな違いの渦の中にいて、胸がキューッて苦しくなることもしばしば。
正直しんどかったです。

しかも総会への準備やらなんやらで、忙しかったりピリピリしたりしている人もいます。
いっぱいいっぱいなのに意見をぶつけ合わなければいけなかったりとか、
時間が無いのに準備ができてないとか。
準備ができてないけどみんなと晩ご飯を食べに行きたかったりとか。

いろんな人の普段の付き合いでは見られない一面が見られました。

とある人から、疲れているようだと言われたり、寝言を言うようになったとか言われたり(!?)、
なんだかんだ僕も疲れていたのかもしれませんが、人がたくさんいるというのはもちろん、
いろんな話が聞けたりして楽しくもあるものです。

もう少しで僕も帰国なので、地方隊員の中にはこれっきり一生会わないかも知れない、という人もいます。
そんな人たちとのお別れも少しずつ済ませつつ、一人、また一人と首都から去っていき、
今はいつも以上に人の少ないドミからブログを更新しています。

総会の翌日、ドミの庭で行われた新隊員歓迎BBQの時の集合写真。
bbq



未分類 | 05:12:43 | Trackback(0) | Comments(2)
砥部焼祭りin松屋銀座
いきなりですが地元産業の宣伝です。

砥部焼祭りがあります。
銀座で。


砥部焼祭りin銀座

和洋の食に合うモダンな砥部焼のデザインを、
新旧のアイテムを一堂に揃えお楽しみいただきます。


松屋と砥部焼の関係は意外と長い歴史があり、
この催し物も毎年の恒例行事となっています。

砥部焼のファンはうれしいことに関東地区にもたくさんいてくれて、
初日の朝には長い行列ができるそうです。

1月28日(水)~2月2日(月)   (最終日5時30閉場) 

松屋銀座8階大催場 

松屋銀座=朝10時から夜8時まで



◎トークショー

工藤省治(陶磁器デザイナー)×ナガオカケンメイ(デザインプロデューサー)

1月28日(水) 午後7時から


上の画像のはがき(DM)を手に入れた方は、先着1000名様に

愛媛県特産  伊予柑のプレゼントがあるそうですよ!!

ぜひ、手に入れてください☆

未分類 | 18:01:23 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。