■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2006年秋、一次試験・応募書類について
俺が受験した青年海外協力隊H18年度秋募集から、一次試験が書類選考のみとなった。
H19年度春募集からは、2次の英語にリスニングが加わったらしく、
試験も年々変わってきている。

ここでは俺が応募したときの書類関係の説明を簡単に。
簡単にと言いつつ長くなりそうなので書類関係のお話は
「続きを読む」の中に入れておきました。
めっちゃ長いので、関係ない人は読む必要なし!

<必須>
応募者調書・応募用紙・技術試験解答・健康診断書・健康に関する調書
<任意>
語学試験免除申請書(俺は提出せず)

以上の書類を専用の封筒にいれ、締め切りまでに投函する。
書類は説明会に行ったときにもらったが、取り寄せも多分できる。

締め切りに間に合わせてギリギリ記入し終えた書類を送り、
郵便局の人に「今日の消印になりますか!?」って念入りに確認したのに、
H18年秋の一次締め切りは、応募者が少なかったのか、10日間延びた。
2006年10月1日~11月10日だったのが、20日くらいまで延びたのだ。

この日記の関連記事
・健康診断について→こちら
・説明会(1回目)→こちら
・説明会(2回目)→こちら

続きを読む >>
スポンサーサイト
協力隊の試験について | 01:05:33 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。