■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2次試験について 其の4
またまたつづき。


①の面接が終われば気持ちはもう楽なもんでした。
面接の順番が初めの方になるメリットはそういうところです。
終わりのほうになるメリットは、先に終わった人に情報がもらえます。

以下、受験会場でやったこと。
やる順番は自由でした。


②ブレザー採寸
特記するほどのことでもないですが、研修所や公式行事で着るらしい、協力隊オフィシャルブレザーの為にサイズを測ります。
一人のおじさんが受験生の体格に合いそうなサイズのブレザーを渡し、合わなければ別サイズのブレザーを渡して合うサイズを記入するという、何でもない作業です。しかしですね、
俺が採寸してもらった頃にはおじさんの目が肥えて?おり、大体一発でピッタリのサイズがわかるようになっているようでした。
当然まだ受かる人も落ちる人も決まってないので、受験生全員測定します。

③現職参加について
仕事を辞めずに休職という形で参加する「現職参加制度」について、
相談できたり資料をもらえたりするブースが設けられています。
これも全員、現職参加についての意思確認をしているようでした。

④歯科検診
一人1分くらいに短く感じたんですが、チャッチャカ×2、歯の状態をチェックされていきます。虫歯があるとチェックされますが、訓練までに治せばいいのでその時点では別に問題ありません。俺は、チェックはしないけど怪しい箇所があるから、歯医者に行ったほうがいいと言われました。あとあとめっちゃ痛くなってきて、治療しました。

⑤健康状態についての問診
これがなかなか行列になって終わるまでに時間がかかりました。
検査の部屋に入ると半裸で待機して、順番に呼ばれて聴診器や簡単な問診をされます。
健康状態によりけりですが、幸い俺は1分くらいで終わりました。いたって健康です。
中には英語の勉強で夜更かしをしたために、動悸が激しくなって落ち着くまで何度も待機している人もいました。微笑ましいようにも思いますが、その方の半裸には龍、虎、蓮、菩薩的なものがたくさん描かれていて、協力隊に応募する人には個性的な人がいるもんだなあと思いました。

⑥書類提出
交通・宿泊費を請求するための領収証や航空券の半券を提出します。半券はコピー不可です。以前の日記でも書いたとおり、宿泊パックでチケットを取った俺は交通費と宿泊費の内訳がわからない状態で提出しようとし、あとで改めて旅行代理店で書類を書いてもらうというめんどくさいことになりました。
JICAに問い合わせをしたある人は、そういう事態を避けるために、チケットはなるべく正規の料金で取ってくれと言われたそうです。しかし俺はパックにしたおかげで、正規の場合よりも2万円は安く済ませられたわけで、税金を2万円節約したことになります。処理しやすいように分かりやすくチケットを入手しろと言うよりも、宿泊パックでも簡単に処理できるように融通を利かせてほしいです。受験者数を考えると何百万円も差が開きます。・・・・・・・・・JICAの運営資金って税金で合ってましたっけ?


⑦追加・取り消し要請の確認。
会場の一角に、最新の追加要請や取り消し要請のファイルが置いてあります。
とりあえず自分の応募する要請が取り消しになっていないことをチェック。

⑧親睦を深めましょう
空き時間、待ち時間が結構たくさんあります。
隣の席の人、その辺の気になる人、順番待ちで一緒になった人などに進んで話しかけ、情報交換をしたり親交を深めたりしましょう。俺はブレザー採寸の順番待ちの時に、前にいた感じの良さそうな人に話しかけました。リンクにもある、ウガンダに体育で応募していたゾノです。のちのち、偶然にも俺たちは同時期に二本松で訓練をすることになり、俺としては心強い限りです。
その日知り合った人とどこでどう関わり合うことになるか分かりません。
出会いは小さな奇跡です。大事にしましょう。

⑨昼食
お昼の休憩時間が1時間ほど設けられています。
弁当などを持参している人もいましたが、多くの人は外食だったと思います。
栄えた場所ではないですが、少し歩けばカフェ風のお店やファーストフードもあります。
俺はゾノとその友だちと三人で、誰も考え付かなかった穴場とも言えるジャンル、「寿司屋」に行きました。威勢のいい小坊主風の店員さんもいるし、ちゃんと大将が両の手で握って作ってくれますし、このチョイスは成功だと思いました。ランチメニューのそれが、汁物も付いて1050円ぽっきりです。
JICA広尾を出て道を渡って右へ行けば道沿いですので、機会があればまた行きたいです。


長い長い談笑の時間を終え、16時過ぎくらいにやっと最後の全体説明がありました。
(この時点で遠方の人は飛行機の時間の都合で先に帰っていたかも)
解散です。

その後は資料室へ行って先輩隊員の報告書をいろいろとあさりました。
小さな部屋にたくさん人が入って動きづらかったですが、粘った甲斐あってモザンビークの美術隊員の報告書を3人分くらい発見し、後日コピーを郵送してもらえました。
本来ならその場でコピーさせてもらえるのですが、受験の日で収拾が付かなくなるといけないとのことでできませんでした。

飛行機の時間が近付いて、17時頃、JICAをあとにしました。
トーキョもあとにしました。日常に帰ります。



スポンサーサイト
協力隊の試験について | 02:36:32 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。