■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あげもちライブ直前リポート
もうすぐ“あげもち”のライブが始まります。
メンバー二人でめっちゃ緊張してます。
P1000506.jpg

あげもち案内板

宴の前

↑クリックで拡大


あと10分です。

スポンサーサイト
NTC二本松訓練所 | 19:48:46 | Trackback(0) | Comments(1)
最近のこと

8月23日(木)
6時半起床。7時から朝の集いとラジオ体操。
起きたときは何もなかったのに、午後になってから急に寝違えたように首筋が痛くなった。
あまりまともに振り向けないので、姿勢をめっちゃよく一日を過ごすこととなった。
午後の授業はJICAの新人研修員2人が一緒に受けることになった。
2人は27歳と23歳くらいでどちらも新卒。
JICAの正社員とあって、キャリア組のような雰囲気を感じた。
夜、首筋の痛みを気にせずフットサルに参加したら、バントマンの進撃を阻止したときにビキッと筋を痛め、ほんとに痛くて起きたり寝たりする行動にすら辛さを感じるようになった。
半身不随で派遣中止かとさえ思った。

8月24日(金)
この日は所外活動。
起きたときから前日の首筋から背中にかけての痛みがあまり引いておらず、
2日後にせまるフットサル大会とあだたら登山に暗雲たちこめるかとも思われたので、
よその班の理学療法士に相談したら、来てくれたらいつでも診てあげるとのことで心が楽になった。

所外活動はまたまた知的障害者更生施設。
前回より短かったのであっという間に感じられた部分もあった。
そういえばお散歩中に2回もイーーーッ!て腕をつねられて、悲しかった。
何が気に食わなくて何を訴えたくてあんなことをしたんだろう。
きっとわからないままなんだ。

8月25日(土=SABADO) 晴れ 国旗:ベトナム
盆踊りの日。
訓練所で昼食中にいきなり岳温泉の旅館の女将がきて、盆踊りの参加者を募るとの事で喋り始めた。
けど当日の昼になっていきなりどうでっかーなんてきても遅すぎるよね。
けど俺は行くことにしたよ。
夜店なんかもあって思わぬところで夏満喫な雰囲気に出会うことが出来た。

夜はあげもちのライブに向けて練習。
ライブは28日です。

未分類 | 21:55:48 | Trackback(0) | Comments(0)
8月22日(水=QUARTA-FEIRA) 曇り時々晴れ=NAMOLADO, FAZ SOL 国旗:モンゴル

この日は外出先のいろんなシーンで実践的に語学の訓練をする、アウトドアレッスンの日でした。
前回のアウトドアレッスンはまだ語学習熟度が低かったこともあり、非英語クラスは外出しないところが多かったのですが、今回はほぼみんな外出しました。

行きのバスので隣に座ったのはタイ電気設備のマチャさん。
やっぱりまだまだよく知らない人はたくさんいるもんで、マチャさんは顔を合わせりゃ挨拶するしフットサルもするので見知った仲ではあるのですが、ちゃんと話をしてみると知らないことばっかりでした。
すっかり慣れたと思った訓練所にも未知の世界はたくさんあるのでしょう。

知った気になること。
これが新しく知ることへの一番の妨げです。


この日はポル語を話すことを今までで一番強制された一日だったけれど、それはやっぱりいい勉強になりました。
ポル語で考える時間が長ければ長いほど、頭はポル語の受け入れ態勢が整います。

夜はあげもちのライブに向けて音楽室で練習をしました。
誰も来なかったので集中して、ついつい2時間くらいやってました。

練習しすぎてバレーサークル行き忘れた。


そしてこの日、最も熱い夏の思い出を完結させたのは、逆転満塁ホームランで優勝した佐賀北高校でした。

未分類 | 22:59:57 | Trackback(0) | Comments(0)
あげもち
あげもち

“あげもち”というユニットを組んでいます。
モチベーション揚げてこうという意味です。

訓練生の生活全般のモチベーションを揚げることを目標とし、日々、地道に活動しています。
オリジナルステッカーを作りました。

ライブもあるかもしれません。

NTC二本松訓練所 | 23:00:11 | Trackback(0) | Comments(3)
OV DAY
8月18日(土=SÁBADO) 雨=ESTÁ A CHOVER 国旗:半旗

僕の記憶が確かなら、7月31日、とある活動中の協力隊員の方が交通事故で亡くなられました。
志半ばで異国の地に倒れられたことを心から残念に思うと共に、ご冥福をお祈りします。
今日は故人の葬儀が執り行われる日ということで、訓練所では半旗を掲げ、
全員で黙祷を捧げました。

昨日、今日と二日間OVデーで、帰国して間もない先輩達がたくさん訓練所に来ました。
その中に、協力隊に合格してからまもなく連絡を取り始めたモザンビークの美術隊員の方がいて、俺はずっとソワソワしっぱなしでした。
まるで有名人にでも会うかのような気持ちで待っていて、会えて感激でした。

先輩はacochincoさん。
まだ7月に帰国されたばかりで、赴任中から現地のことをたくさん教えてくれたり、今回も資料や情報をたくさん持ってきてくれたりと、すごく親身に協力してくださっているので大助かりです。

赴任国モザンビーク、職種美術の隊員さんなので、もろに俺のやる予定のことを現地でやっていた隊員さんです。参考になりました。
現地の具体的情報を聞いて、みんなモザン行きが楽しみになったりモチベーションが上がったりしました。
勉強に励まなければなりません。

NTC二本松訓練所 | 22:59:58 | Trackback(0) | Comments(1)
8月14日(火=TERÇA-FEIRA) 晴れ 国旗:ジンバブエ

訓練所へ着てから1週間雨が続き、やっと晴れてきてからも度々雨が降りました。
その頃は8月に入ろうかという時期なのに、まだ鶯(うぐいす)が鳴いていて、しかも日がな一日ヒグラシまで鳴いているという変な雰囲気でした。
さらに7月中はホタルもいました。

福島県の気候がつかめません。

今は毎日湿度の高い晴れが続き、不快指数最高の汗ダラダラで、いい訓練だなあと感心してます。


この日はモザンビークの事務所とテレビ会議システムで交信!!
現地のモザンビカーノスとテレビ電話で交信し、ポル語で話かけられました。
なんだか分かりそうな単語も並んでたけど意味がつかめず。
希望も見えたけど残念でした。

現地の調整員から犯罪の恐ろしさをいろいろ聞いて気を引き締めました。

あと意外なことに、荷物を送ることについてたずねたら、中身を盗られるということはあまり無さそうな反応が返ってきました。
俺は絶対中身抜かれると思ってたから嬉しい誤算です。
税関で中身を確認されることと何ヶ月もかかる場合があるということ以外は、特に問題も無さそうでした。

ということです。

NTC二本松訓練所 | 22:58:50 | Trackback(0) | Comments(0)
早くも折り返し地点
8月11日(土=SÁBADO) 晴れ=FAZ SOL 国旗:ウガンダ

この日の国旗掲揚は、資料によると国歌が22秒しかなかったので、旗を揚げる全体日直がとても大変そうでした。

中間テストの日。
もう中間なのです。

特に勉強してこなかったのは、普段の授業には何とか付いていっているからということと、同じクラスの人であまり勉強しないと言う人が居たからかもしれません。
彼はたしかにがっついて勉強はしていないのかもしれませんが、着実に積み重ねるように日々勉強してます。
それを分からずに安心してちゃだめだし、語学訓練の目的は授業をこなすことではなかったはずです。
もう一度初心にかえって何のために訓練をするのかという意識を高めなければ。

午前中はリスニングとライティング。
ポ語で言うとオウヴィソゥンとエスクレーヴィだっけ?


長い昼休み中、金足農業のピッチャーがのどに打球を食らって倒れて、
それでも1塁コースアウトにした姿をテレビで見て泣きそうになりました。

午後の会話のテストは、勉強不足が出たなあという感想を持ちました。
いちいち受け答えの反応が遅く、言葉がぱっと出てきません。


その後自分の部屋でポル語会話の本を読んだり音楽を聴いたりして昼寝をしてると、選択講座に遅刻しました。
「貿易開発ワークショップ」だったかな?

これはすごくおもしろかったです。

ワークショップでは、班分けをした各班にそれぞれハサミや紙などが与えられていますが、途上国班と先進国班で持っているものに差が出来ています。
紙を「資源」、ハサミや定規を「技術」として考えて、製品を生産して自分の国を豊かにするというゲームなのですが、物を持っている班は自分の国を金持ちにするのに必死で、貧乏な国に対して冷たいです。
冷たいだけでなく金づるになるかどうかでしか見なかったかもしれません。
俺はリッチな国だったので、自国産業もそこそこにハサミなどの技術を他班に貸し出し、売上の何割かをもらうという夢のような生活を目指しました。

さらに途上国班は信用が無いという理由で製品を買い取ってもらえないらしく、かわりに先進国の自分たちの班を通して製品を売るから、そのかわりに売上の何割かをもらうという儲け話も出てきました。
しかし中には、先進国の名前で売れば製品が売れると気付き、偽装申告で製品を売る途上国も出てきました。
しかしそうでなければ生き残れないという必死さを感じ、実際に行われているブランド品のニセモノなどが無くならない理由が実感できた気がしました。


そしてこのワークショップでは世界の縮図みたいに、見事に先進国には優越感とおごりが生まれ、途上国には貧困と不満が生まれました。
すごくすごくよくできたワークショップで感動しました。
と同時に、同じ候補生を条件の違う班に分けただけなのに、こんなにも不平等な世界の縮図をそのまま生み出してしまった自分たちに怖さを感じました。

世界は不平等なのです。
意識していないと、その格差は広がるばかりです。

NTC二本松訓練所 | 09:53:20 | Trackback(0) | Comments(0)
日々の1ページ
8月8日(水=QUARTA-FEIRA) 晴れ後雷雨 国旗:ナミビア

この日は朝、朝食前にクールビズの格好に着替えました。
授業はノータイでオッケーで、ある程度は私服みたいな格好の人もいます。特に女の人。
でも俺はいつもネクタイしめて授業を受けてます。
理由は、普段ネクタイしないから練習したいのと、したほうがかっこいい気がするからです。
最近やっと一発で長さが揃うようになってきました。

その後、授業前に音楽室でゾノのハーモニカに合わせてギターで伴奏。
合奏というのはほんとに気持ちのいいもので、すごくいい気分転換になります。
音楽室で偶然一緒になった人と合奏することがありますが、一つの音楽を共有することですごく一体感と達成感が生まれます。
気持ちいいです。

課業後、5時から急いで動詞の活用テストの問題用紙を作って、夕食後にポル語のみんなで動詞の活用テストをやりました。
思ったよりも書き込む欄が多くて、250個くらいあったので解くだけで30分、答え合わせにも30分かかりました。
もうすぐ中間テストが迫ってきています。

しかし日々のスポーツもあまり欠かさずやってます。

NTC二本松訓練所 | 21:59:46 | Trackback(0) | Comments(0)
体調について
8月7日(火=TERÇA-FEIRA)晴れのち雷雨 国旗:モザンビーク

今日は我らがモザンビークの旗でした。

昨日一日炎天下にいたせいか、疲れがたまってきているのか、今朝起きたときからのどにいがらっぽさを感じます。
別に寒かったわけでもなかったのにこの兆候は、要注意です。

現地ではこんな程度の症状でも怖い病気を警戒しなければならないのかと思うとちとしんどいです。

普段の課業はノータイのクールビズですが、暑いです。

NTC二本松訓練所 | 23:00:04 | Trackback(0) | Comments(2)
ソフト大会
8月6日(月=SEGUNDA-FEIRA) 晴れのち雨=FAZ SOL, CHUVA 国旗:なし

日曜日はオープンハウスといって、一般の市民も参加できる訓練所公開イベントだったので、月曜日が振り替え休日となりました。

この日は日々準備していたソフトボール大会のことで朝からソワソワソワソワ。
天気はめっちゃいいからありがたかったんやけど、段取りがうまくいくか。

でもそこはさすがみんな協力隊候補生ということで、ボランティアで準備を手伝ってくれてなんとか時間までに整いました。

候補生の3チームはちゃんとほぼ時間通りに揃って練習してるのに、
スタッフが時間をちゃんと把握してないのか、全然集まらない。
打倒スタッフチームを目指して1週間欠かさず練習してきた俺の努力は無駄だったのか。

快晴で試合は大盛り上がり。
初戦、我らがCチームはゾノ率いるAチームと対戦。

ピッチャーはモロ経験者の俺で、キャッチャーは剣道の胴をプロテクター代わりにしているきよぽん。
人によってウインドミルで投げたりスローピッチしたりしてたけど、ゾノに対しては問答無用でマジモード。
前日一緒に練習したときにキレイに打ち返されたこともあり、ズルいような気もしたけど変化球もいっぱい使って抑える気満々で投げた。
確かチェンジアップもゾノのときだけしか投げてない。
多分この日一番力のこもった球はゾノとの対戦の中にあったと思う。
もしかしたら地元で投げてた時よりさらに調子上がってるかもしれない。

4チームのトーナメント戦、1試合目は守りのリズムも良く、追撃を振り切り3-2の接戦を制した。

決勝はB対Cの対戦に。

しかし今回はホームランで逆転されて、一試合目とは逆に追撃を振り切られ残念ながら3-4で準優勝。

主催者が本気ピッチングで優勝するよりは、本気ピッチングを打たれるという盛り上がりを見せられたので、悔しいけれど結果としては良かったんじゃないかと思う。

大いに盛り上がったので、2回目をやったらもっと集まってくれるかもしれない。

昼飯を急いでかっくらって二本松へおでかけ。
炎天下ソフトに続く炎天下お買い物。
この日は太陽にしこたま体力を奪われた。
二本松まで出てもスーパーとホームセンターくらいしかなくって、その界隈を歩き回って体力消耗。

帰ってから、友達とワラジを作ったりウクレレ弾いたりした。
郡山までいった友達からはお土産に坪井療治(17歳)というツボを刺激する健康グッズをもらった。
そう言えば班の人が大阪に帰ってて、お土産に551の豚まんとアイスキャンデーを買ってきてくれた。
まさか福島で551が食べられるとは思わず、最高に幸せな夜やった。

NTC二本松訓練所 | 08:26:20 | Trackback(0) | Comments(0)
最近ソフトの主催者になってまいました。
ある日スタッフの一人がソフトの試合しようぜ、候補生VSスタッフで、というので受けて立ったら世話することになってた。

それに時間が取られたりモザン候補生だけ特別講義があったりなんやかんやで、最近勉強しない日が続いています。
夜更かしもできなくなってきています。


8月2日(木=QUINTA-FEIRA)快晴=FAZ SOL 国旗:ガーナ

今日は所外活動の日で、知的障害者更生施設へ行ってきたよー。
初めての経験で、最初は雰囲気に圧倒されたり、自分自身の偏見から怖いとすら思ったりしたんやけど、実際は全然そんなことなかった。
偏見は偏見でしかなかった。

みんな個性を尊重されながら自由に暮らしてるし、それぞれの特徴なんかが見えてきたらだいぶ居心地もよくなった。

為になりすぎた一日でした。

NTC二本松訓練所 | 23:00:39 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。