■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夢と現実、理想と現実。
65日間の密度の高い訓練を終えて実家に帰ってきて、
ここは現実世界だなあとしみじみ思った。

それは、まるであの訓練が夢だったかのように何の変哲も無く以前のような生活が始まったから。
夢でも見ていたかのように儚く終わりを迎えた訓練に対しての現実。

もうひとつ。
理想に対しての現実ということ。
訓練所では多かれ少なかれ理想を語り合う仲間が多く集まっているし、これまた多かれ少なかれ理想を押し付けられるような教育を受けてきた。
初めから理想を持って訓練に来ている人もいれば、曖昧なまま来てしまって自分なりに理想を描こうと捜し求めている人も多い。
また、持っていた理想のカタチが訓練を通じて変わっていく人もいる。
俺も入所時はあいまいだった自分のあるべき姿や目指すべき姿が、訓練を通じて得た経験によってだんだん明確になっていった。

ここで何が言いたいかというと、訓練所は「理想」の温床だということ。
理想に溢れた世界で俺たちは理想に燃え、派遣へのボルテージを上げていく。

しかし一足訓練所を出るとそこは現実に生きる人たちの世界。
自分たちは世界の現状と散々燃やしてきた理想について語りたかったとしても、
周りの人たちは例えば支給されるお金のことや待遇面のことを聞いたり、
途上国に対する偏見をネタした冗談を言ったりする(例えばの話です)。

温度差である。

どちらが悪いとかじゃなく、ただの2者間距離の拡大なのだけれど、
ヒタヒタに潤っていたお肌の理想が乾燥していきそうになる。
こうなると必要なのはお肌のケア。
自分の理想はちゃんと保持しておかなければならない。

そしてさらに大事なのは、それをしっかりと伝えることだ。
協力隊がなぜ必要なのか、世界では何が起こっているのか、自分たちにできることは何か。
そういうことを、国際協力の仕事とは関係なく普通に暮らす人が普通に考えるようになってこそ国際協力の現状は大きく改善するんじゃないだろうか。
というのは、同じ生活班だった人の持論を参考にしましたが。

基本的に俺は、自分の言いたいことが正しく人に伝わらなくても、そこは他人なんだからしようがないとほうっておける人だったけれど、今回ばかりはほうっておかない方がいいことなのかもしれない。
ただ、いかんせん時間がない(`エ´) タリネーヨ
ので、訓練中にも考えて目標にした、2年後、自分が目にした「世界と日本のギャップ」をどう表現するか、これを考えることを2年間の宿題にしようかと思った。
ベタに作品展か。
ミュージシャンあげもち復活か。

スポンサーサイト
思ったこといろいろ | 00:25:36 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。