■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
おいしい国モザンビーク☆お魚祭り☆
マプトには、Mercado do peixe メルカド ド ペイシェ(おさかなマーケット)があります。
その日水揚げされた新鮮な魚介類が夕方から市場に並び始め、活気に満ちます。
意外と外国人向けの市場のようです。
そこで買った魚を奥のレストランで料理してもらえたりもするそうです。
ただ、ぼったくりやひったくりには要注意。

ちなみにロブスターは、700MTn/kgでしたが、先日行ったイニャンバネのトーフォビーチでは350MTn/kg。
ビーチにいたおじさんに聞いた通常の値段は180MTn/kgでした。
観光シーズンのビーチよりもロブスターは高かった。

そこで、ロブスターやカニやイカや鯛やバラクーダとかいうでっかい魚の切り身なんかをふんだんに買って帰りました。

その日買った鯛を使って作ったお魚料理3品。
鯛1 鯛2 鯛3
つみれ入り澄まし汁・煮付け・鯛めし


身をほぐしてご飯と混ぜて鯛めし完成!
こんな豪華な食材を使ったボリューム満点の料理が、こっちのケンタッキーのセット価格より安い価格に収まりました。
安くおいしく済ませられたのは、港町をたくさん持つモザンビークならではじゃないでしょうか。


そして翌日はドミ(隊員連絡所)の庭でお魚BBQ。大使館の職員の方や、JICAの職員の方をお招きしました。
夏休みの時期で隊員もたくさんドミに居たため、大賑わいでした。

テーブルに並ぶ魚介類。 魚介類だけじゃなく、つくね・砂肝などの肉もありました。
お魚BBQ1 お魚BBQ2


大迫力のラゴスタ(ロブスター)2匹と、載せるかずいぶん迷ったおバカ2匹。
お魚BBQ3 お魚BBQ4


焼きあがったラゴスタにテンションが上がってしまいました。
しかしこの日、最終的にインパクトを残したのは、なんとラゴスタよりもはるかに安いカランゲージョ(蟹)。
ただ焼いただけなのに、その身、にじみ出る汁、蟹味噌の旨みは筆舌に尽くしがたいものがありました。

大勢でワイワイとおいしいものを食べ、おいしいビールを飲み、しかも安いとあれば言うことなしです。
この日、よく冷えたビールがついつい進み、久しぶりなくらい酔ってしまいましたとさ。

ほんとにおいしい国、モザンビーク☆

スポンサーサイト
モザンビーク ~食~ | 00:24:19 | Trackback(1) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。