■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネット天国と思いきや・・・
途上国だけれども、協力隊だけれども、自宅でネットをつなぎたい。

この贅沢な望みも、今ではそんなに飛びぬけた贅沢ではなくなってきている。
ここモザンビークでも、首都中心部ならケーブルテレビを使ったADSLのインターネットがあるし、カードスロットやUSBで通信機器をPCに接続して好きな場所でネットができるというものもある。郊外ではダイヤルアップでも定額で使い放題のサービスもある。

そんな中でも俺が選んだのは、インターネット接続ができる携帯電話をPCとつなげばどこでもネットができるというサービス。最近できたこのシステムにはややこしい契約も不要で、1MBの送受信につき7.87MTnという値段は通話と同じプリペイドなので、使用量も自由にコントロールできる。

ただその初期投資として携帯電話を買わなければならないというのが隊員には少し勇気がいる。
俺が買った携帯も、5999MTnと一ヶ月の生活費の6割近い値段だったけれど、ネット接続ができる携帯としては下から2番目の値段。
それでもMP3やMPEG4も再生でき、outlookと同期してスケジュールやアドレス帳の管理もできる。使わないだろうけどそんな便利な機能付き!
他は大体10000~20000MTnだった。
(1MTn=4.5円、5999MTn=約27000円)
(MTn=メティカル、2MTn以上は複数形でメティカイスと読む)

ドミでこのブログを交信しているときの携帯の様子。
MOTOROLA-SLVR

買って、お店で設定してもらって、何人かに自慢しちゃって、自宅に帰ったら、
電波が弱くてネットが使えなかった。
こんなオチでした。

ネットが開通したと大喜び(勘違い)してお祝いに食べた取って置きのカレー職人。
(acochinco先輩にもらった分)
幻のネット祝いカレー職人

やり場のない切なさも時に経験できる、
そんな国、モザンビーク。

スポンサーサイト
モザンビーク ~暮らし~ | 21:06:51 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。