■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カリゥ・デ・アメンドイン
CARIL DE AMENDOIN

カレー オブ アーモンド というような意味の食べ物であります。
アーモンドというよりはピーナッツとか落花生の類なのかな。
カレーも、日本で思うカレーみたいにスパイシーではなく、すごく煮込んでトロリと汁気のあるものをご飯にかけて食べるものをカリゥと呼んでいるようです。

caril de amendoim
学校の食堂にて

カリゥ・デ・アメンドインは、そういう豆を細かくつぶして、鶏肉や魚なんかと煮込んでご飯にかけたものです。
豆が主素材のカレーなので味付けもヘルシーな印象で、以前、「バラッカのご飯」という記事で紹介したようなタイプのカリゥのように、肉のパンチの効いたソースの味ではありません。
よってガンガンご飯が進むというわけでもないですが、まあおいしいです。
伝統的な料理の一つです。

多彩なカリゥを味わえる国、モザンビーク。

【関連記事】
バラッカのご飯

スポンサーサイト
モザンビーク ~食~ | 11:18:35 | Trackback(0) | Comments(4)
ネット状況その後
電話線のチェーック。
前回、「来週来る」と言っていた週の木曜日にちゃんと業者は来てくれました。
そしてチェックしてもらったところ、事態は思ったより多少深刻でした。

僕のうちの電話線が問題ではなく、外の、地面の下をずーっと伸びている線が湿気のせいで状態が悪く、大掛かりに取り替えなければならないかもしれないのです。

結局、ちょろっと来た業者2人組みは今週はできないからと、来週にまた来ることになりました。

前途多難。
終わりは来るのか、俺の戦いに。

モザンビーク ~暮らし~ | 11:00:21 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。