■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
イヴォーネについて
イヴォーネとは、一人の女生徒の名前。

切り紙の授業をしてい3月初め頃、授業中に終わらなかった生徒の為に放課後美術室を開放していた。
みんなあんまり来ない中、やってきたのがその子、イヴォーネ。

彼女はなかなかいいと思える作品ができなくても妥協せず、何度も挑戦していた。
そういうまじめな生徒にはいろんな助け舟も出しやすいので、コツを教えたり、例を見せたりしてあげた。
結構時間いっぱい粘った後で、やっぱり妥協せずに明日また作りに来ますと言ったので、
何かのヒントにでもなればと思って俺の参考作品を貸してあげた。

翌日やってきたイヴォーネは、もう作品を作ってきたので提出したいと言った。
どれどれと思って提出された2作品の一つを見てみると、俺が前日渡した参考作品だった。

あれ?これ・・・?俺の・・・やんね?

いいえ、私が作りました。

いや、でも、どう見ても俺のっぽいし・・・ほんとにあなた作ったの?

はい、私が作りました。

じゃあ俺の参考作品は?

寮の自室に置いてきました。

嘘でしょ?

いいえ。

嘘ついてるんでしょ?

いいえ。

これは誰が作ったの?

私です。


決して認めようとしなかったけれど、ちゃんと自分で作って提出しろと言ったら作り始めたので、それは嘘を認めたと言うことだ。
そう思ってもう一度聞いてみたけど、やっぱり口では認めなかった。

同じものを複製してくるならまだしも、俺のをそのまんま持ってきて。
まじめだと思っていただけにショックだったしがっかりした。
その辺の罪悪感とか道徳心的なものが著しく欠如している人がこの国には多い。
そういうことが分かってきても、ふいにがっかりさせられることは今でも多い。

本当にまじめで熱心に作る生徒もたくさんいますよ。
特に男子生徒。

スポンサーサイト
モザンビーク ~人々~ | 20:30:55 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。