■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マルセリーノ・ベルノーゾとの再会。
先日、去年の卒業生マルセリーノ・ベルノーゾとの再会を果たした。
ベルノーゾが携帯を持ったとの情報を得て、連絡が取れるようになったのだ。

  (ベルノーゾとは誰ぞや?>>>こちら>>>「12月3日(月)卒業式、裏切り」「12月4日(火)ラモスからの電話」

昨年12月の卒業式の日に、ベルノーゾと晴れ姿で一緒に写真を撮ろうと約束をしていたのに、結果的に俺がすっぽかしてしまった。
その時すでに携帯を売ってしまっていたベルノーゾとはそれ以来連絡が取れず会うこともできずにいた。

生徒との約束をすっぽかし、裏切ったとさえ感じて、いち教師として随分落ち込んだあの日々から、半年が経過していた。
晴れ姿の写真は取れなかったけど、別で撮っていた写真を、いつばったり会ってもいいように常に持ち歩いていた。
その写真もやっと渡せた。
ビールもおごってやれた。
心の中にずっと引っかかっていたものが取れたような感じ。

ベルノーゾは俺が思っていた以上にいい奴だった。
家に遊びに行ったときもシャパ(バス)代を出そうとしてくれたり果物を買ってくれたり、
飲みに行こうというときも、彼の家の近くのバラッカ(屋台レベルのお店)では、外国人は金をせびられるといけないからと言ってわざわざ街まで出てくれたり。
帰るときもちょっと暗くなっていたのでドミまで送ってくれたり。

こんなにも誠実な青年がいるもんかと、自分の行動も見直さなきゃなと思わせられるくらい、
久しぶりに会ったベルノーゾはいい奴だった。

卒業式の日もそうだったけれど、もう生徒は絶対に裏切らない、自分が損をする気分になったとしても誠意を持ってベストを尽くすのが教師の務めだと、新たに思わされた。

しかし実際はどうだったか。
授業を持って日々生徒に接していると、腹の立つことが多いこと多いこと。
あんまりまっすぐ一本でやってると、正直者がバカを見るとしか思えないことも多々。
誠意を持って接したらそれでいいっていうわけでもなく、相手の誠意という名の見返り、というかリアクションがどうしても欲しくなるのが人間というもので。

でももうちょっとがんばろう

スポンサーサイト
モザンビーク ~人々~ | 15:48:16 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。