■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
 学校のマシャンバへ。
マシャンバとは畑の意。
ポルトガル語ではないと思う。

学校の所有する畑に行った。
普段から生徒が持ち回りで管理している畑で、休みに入った今も当番があるみたい。

さすがアフリカ超ひろい。
畑仕事  カカーナの煙
右の写真の左のほう、煙が上がっているのは、カカーナ(さとうきび)畑で何か燃やしてるから。
任地の近くにはMarragula(マラーグラ)という砂糖を大量生産している地域があり、そこで働いている人はかなり景気がいいらしい。
ほんとかどうか知らないけれど、給料が月50万円くらいあるとか無いとか。
それが本当なら、うちの同僚教員たちの十倍くらいもらってることになる。


水をやる。端に掘ってある穴に水が溜まっていて、そこから汲む。
arregar


大自然の中にキラリ。
宝石


俺もお手伝い。
水やりお手伝い


今回はコウヴィという白菜の強いやつみたいな、ちんげんさいのごついやつみたいなのと、レタスを収穫して帰りました。
収穫

おすそ分けをいただいてさっそく煮込んでカレーっぽい何かにしていただきました。
couve


そういえば、俺の前にいた隊員のブログに、このマシャンバについての記事があったようなことを思い出した。
あー、同じ場所に、日本人が、いたんだなー、って少し思いにふけった。

スポンサーサイト
モザンビーク ~暮らし~ | 16:36:47 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。