■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ごめんなさい言わない
モザンビークには、自分の非を認めない、謝らないという文化があるように感じられます。

待ち合わせとか物の貸し借りとかで、時間に遅れたり期限に遅れたりした場合。
謝ることはまずなく、言い訳を始めます。

「バスが遅れちゃって・・・」←分かりきってることやのに余裕を持って出ないから
「ちょっと病気で・・・」←すぐ言うからうそっぽい
「忙しくて・・・」←ギリギリまで何もしないから
「用意したけど持ってくるの忘れて・・・」←まあまず用意もしてない
「食事当番が遅くなって・・・」←間に合わせようと急いだ感じも無い
「準備し始めるのが遅くなって・・・」←ん?これは言い訳か???

こっちだって、責めても時間は取り戻せないことは百も承知なんやから、
一言「ごめんなさい」という言葉が欲しいだけやのに。
言い逃れようとするのが見苦しくて腹が立つばかり。

先日も、個人的に陶芸を教えて欲しいという生徒が、
集会か何かで1時間半くらい遅れてきた。

――生徒が遅れてやってくる――
生徒 「今粘土持ってきます。」
オレ 「ちょい待ち。約束は何時やった?めっちゃ遅れたやん」
生徒 「集会が終わるのが遅れちゃったんです」
オレ 「言い訳は欲しくない(例え正当な理由でも)」
生徒 「せ、せんせい?」
オレ 「ここではどうか知らんけど、日本ではとりあえず遅れたら謝るもんなのよ」
生徒 「ふわあ、先生遅れてごめんなさい」

・・・完全に「ごめんなさい」を言わせた。

言わせたにも関わらず、その「ごめんなさい」の一言で胸がスーッと晴れた。
もう何もかも許して水に流してやろうという気にさえなった。

どれだけ「ごめんなさい」の一言に飢えていたんだろう。
やっぱり非を認めて謝る文化はここにはなかったんだ。

と再認識。

人が間違いを起こすのはしようがないこと。
それを自分で間違いと認めて初めて、反省したり改善したりできる。
成長、発展につながる。

ここの人は、間違いをウソや言い訳で隠して、何も間違ってないことにする。
結果、反省も改善もしないことになり、同じ間違いを繰り返す。
成長も、発展も無い。

成長も、発展も無いのだ。


さて、最近気づいた問題は、俺も言い訳癖がちょっとうつっていたということ。
ヤバイと思ってちゃんと謝るようにしたら、やっぱりそっちの方が
気持ちがスッキリしたよ。

スポンサーサイト
モザンビーク ~人々~ | 06:47:56 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。