■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
原爆についてのプレゼンをした8月6日のこと
8月6日(水)原爆プレゼン

彼女が広島の、原爆ドームや原爆投下時の目印だった橋の目と鼻の先に住んでいる。
俺が来る以前うちの学校にいた先輩隊員が、原爆についてのプレゼンをしていたことをブログで知っていた。

俺もしたいなー、するんだろうなーってなんとなく、日本にいる頃から思っていた。
やっぱりなんとなくでも思い続けていると現実になるもんで、しかも8月6日はどんぴしゃで生徒みんな午後の授業が無い日。

なのでやりました。
ヒロシマのことを中心に戦争と原子爆弾によって引き起こされた悲惨な歴史についてのプレゼン。

しかしギリギリマンの俺は準備ができていないのに前日も寝てしまって、朝の時点で資料や台本がほとんど詰められてないまま、朝礼にのときにプレゼンのことを宣伝した。

アモース教頭が俺の告知を補足してくれた。
俺の告知だけじゃ不十分だったろうから、とても助かった。

今日唯一の午前中の授業も、申し訳ないけど同僚にまかせてプレゼンの準備したおかげで、なんとか余裕を持って原稿を仕上げられた。
昼ごはんは抜いて(余裕持ってないじゃん)講堂でプロジェクタのセッティングをした。
ネクタイもした。

13時55分ちょうどに集合するようになっていたのだけれど、思いのほか時間通りに集まってくれた。
朝礼のとき、アモース教頭がしつこく時間に遅れないように来なさいと言い聞かせてくれたおかげかもしれない。
協力者の存在っていうのはすごく重要だ。
ただそのアモース教頭は結構遅れて来た。
genbaku1プロジェクタとパソコンとセッティングして。

genbaku2難解な文章は生徒に読ませて。

genbaku3聞いてくれてるみたい。

プレゼンはなんとか。
反応は正直わからないけど、興味を持って聞いてくれていたと思う。
ネットで落とした爆発の再現映像は、迫力があるので食いついていた。

戦争の悲惨な過去と関連させて伝えたかったことは、過ちを認め、反省してこそ前進できるということ。
以前の日記でも、謝らない、非を認めない、ゆえに進歩がないということを書いたけれど、
その辺の思いは、言いはしたけど多分まったく伝わってないと思う。
準備が足りなかった。

熱心に質問に来てくれる生徒もいたし、ノートを持ってきてメモを取っている生徒もたくさんいて嬉しかった。
ただ、先生たちへの宣伝が不十分だったので、ちょっと残念だった。
知らずに来れなかった先生たちに、見たかったのにって残念がられて申し訳なかった。

もう発表原稿はできてるわけだし(先輩たちのをかなり流用したけど)、
来年はもっとしっかり。

スポンサーサイト
モザンビーク ~隊員活動~ | 07:46:12 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。