■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新学期授業スタート
先週2月9日から授業がスタートしました。

なのに、教員が契約更新するのやらしないのやら、今年働くのやら働かないのやらで、
いまだに自分が週に何クラスの授業を持つのかわからない。
日本ならそんなの年度末に全部決まってるだろうに。
なんて言葉も今はただ空しい。

今年度授業開始の朝にやっとアモース教頭から、
「どうやらシガウーキ先生は今年来ないらしいから、君はこれだけクラス持ちます」
みたいなこと言われた。
のに、翌日そのシガウーキが、働く気100%で学校に来ていた。
しかしその2,3日後には別の同僚マルティンシュから、やっぱり彼は今年来ないことになったと。

教師もそんな感じだけれど、実は生徒も全然揃っていない。
今年はなぜかモザンビーク全国の州から生徒をとることになったらしいのだけれど、
遠くの生徒が交通トラブルのせいか人為的な仕事の遅さのせいか到着しない。

4割の生徒だけで始業式は行われた。
35人のクラスが月曜は16人からスタートし、週の半ばにちらほら到着して、
後半には20人くらいになった。
けどまだ足りてない。
この問題は全国のIFP(教員養成学校)で起こっている模様。

俺は9月に日本に帰るから彼らの卒業式を見ることはできないけれど、
ここでの最後の生徒たち。
真剣に向き合っていい関係が築けるようがんばる。

730日あった任期も気づけば残り220日。
びっくり!

スポンサーサイト
モザンビーク ~隊員活動~ | 23:18:22 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。