■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最近のニュース
また同僚のマルティンシュのこと。
やつはモザンビーク人の間でもちょっと癖のある性格のようです。

今まで会ったモザン人の中で一番喋るのが早い。
モザン人でも聞き取れないくらい。
だから聞き取るの大変。

んでやたら頭の回転が早くて言い訳の天才。
決して非を認めようとせずこちらの問いかけや詰問に「はい」「いいえ」では答えない。
必ず冗談でごまかしたり話題をすり替えたりする。

ずる賢そうな半笑いの顔でいることがよくあり、その顔は誠実さからは程遠い。
そうでなくても普段から誠実とは言えない手抜きの行動は多いし、
人をおちょくったような態度もある。

他の先生たちともどこか一線を画しているような、それほど親しくしていないような気がする。

その理由をなんとなく考えたのだけれど、彼の学歴とプライドが関係しているかもしれない。

ほとんどの同僚が大学卒で、教員資格レベルが一番上のN1なのに、
専門学校卒のマルティンシュは確か一人だけN3で二段階も下の資格だった。
N3と言えば、一昨年まで2年制だった我が校の卒業生と同じ資格レベル。
中でも仲良くしている方の先生の資格レベルはN2だったりもする。

モザンビークで大卒なのとそうでないのでは、給料がものすごく違うらしい。
差が給料や資格ではっきり見えるけれど本人は能力に差があるとは思ってないから、
自分の非を認めたり弱みを見せたり相手の意見に屈したり同調したりできないのかもしれない。

自分はいろんなことができる、という、能力を誇示する発言もマルティンシュはかなり多い。
俺はその辺のバックグラウンドを想像して自分で勝手に納得してしまうからか、
理不尽な行動をとったり間違った意見を聞いたりしたときにもマルティンシュを責めきれない。
少なくとも、その場で論破するということはお互いにとって無意味だと思う。
言い訳の天才で論破するにもできないかもしれないけれど。

しかしマルティンシュの授業はそんな嫌いじゃない。
適当なときは適当だけれど、窮屈なカリキュラムの中でも彼なりに工夫した課題を出したり、
彼の授業では生徒が活発に議論する雰囲気が作られ、いい意味でにぎやかである。
話している内容もためになることや納得のできることが多いし、
聞いていて俺も生徒として授業を受けているような気分になることもある。

あともうちょっと誠実であってくれればいいんだけどなあ。
一番腹が立つのは言い訳の部分だから、自分の間違いや弱さを認める勇気を持って欲しい。
それを認めないと、間違いも弱さも無かったことになってしまい、
そうなったらいつまでたっても進歩しないのだから。

進歩といえば、マルティンシュの息子メルトンは目覚しい進歩を見せている。
1年半前は言葉をまともに発することができず、歩き方もおぼつかなかったのに、
今は50メートル向こうでも俺を見つけると、名前を叫びながらすごい勢いで走ってくる。
言葉もはっきりとしたフレーズを発するようになった。
なついてくる子供はかわいさもひとしおだぜ。

スポンサーサイト
モザンビーク ~人々~ | 08:22:56 | Trackback(0) | Comments(0)
モザンビーク人同僚のいろいろ
とある教員が今年授業を持つやら持たないやらでごたごたして、
時間割変更の結果大幅に暇になった。
変更は今週月曜からで、事前に告知は無い。

あまり言うとあれだけれど、週に3日しか授業がなくなった。
授業時間も24時間から12時間に。

けれど、同じ科目を同僚のマルティンシュと分けて担当することになったため、
内容の検討や成績評価、テストなんかがマイペースにできなくなった。
というかもう乱され始めている。

マルティンシュはモザン人らしい行き当たりばったりさと適当さがありながら、
やるべきことは強引にやりきってしまう勢いや指導力?もある為に、
言葉もままならない日本人の俺が同じことをするのは無理だ。

先日、マルティンシュに授業準備のアドバイスをしてもらって、
生徒に質問を投げかけてディスカッションさせるポイントを作ってみたら、
大失敗した。
聞いたときはいけそうな気がしたのに。

モザン文化に関することだったので議論に方向性を付けて引っ張ることが全くできず、
ゴチャゴチャ自由に話す場になってしまった。

生徒もさぞかし退屈だったと思う。
それにこんな雰囲気を続けてるとなめられるので、
授業はちゃんと自分が用意したフィールドの上でやろうと思った。

余談だけれど、マルティンシュが廊下で女生徒の乳をつついていた。
この光景は去年も見たが、どちらも冗談で済んでいる。

乳はつつかないまでも、必要性が無さそうなのに女生徒を呼び止めて指導したり、
自分の事務室に呼んで会話をする機会を持つということが、
男性教員の間でよく行われているように感じる。

そういえば先日体育の授業を見学したときに、
右向け右ができない女生徒に体育教師マトゥッシが抱きついていた。
それは純粋に教師としての愛溢れる指導なのか?
否、それは煩悩だ。
その子はクラスで一番可愛い子だったもの。

モザンビーク ~人々~ | 01:04:34 | Trackback(0) | Comments(4)
折り紙と切り紙の授業
3月5日(木)晴れ

今日は7時ごろに目が覚めた。
授業がある2時間目にちょうど間に合う時間だ。
最近目覚ましをかけ忘れてもちゃんと目が覚める。
寝過ごしやしないかと冷や冷やもんではあるけど。

ちなみに月曜火曜は午後にしか授業が無いので昼過ぎまで自由。
洗濯をしたり買い物に行ったりだらだらしたりすることが多いかな。

先週と今週、授業の単元が「紙」なので、先週は紙の概要を説明し、
今週は折り紙と切り紙の実技授業。
みんな折り紙の経験がほぼ無いから、少数の器用な人を除いてど下手だ。

切り紙でも、勘のいい人わるい人っていうのはどこの国にもいるもんなんやなあと感じた。

講義の授業と実技の授業をやって思ったのは、喋るのは実技のほうが難しい。
実技だから台本を用意していないというのもあるけど、動作を言葉で説明するときに、
適当な言葉がなんなのかわからず、たまに生徒に訂正されて覚えていく。

折り紙で、「折るときにきちんと角をそろえるように」と言いたかったのだけれど、
俺が一生懸命言っていた「角」は三角形とかの「角」ではなくて、
普通図形には使ったりしない道路の曲がり角の意味での「角」だったらしい。
それを指摘して笑うクラスと何も言わず許容するクラスがあるから、
やさしいクラスばかりだと俺の語学が伸びない。

なんにしろ、語学の勉強になるのはやっぱり講義の授業だ。
週に2時間×12クラスあるからいい反復練習になるのだ。
実技は準備とか片付けめんどくさいし、今はなんだか講義ばっかりしたいぞ。

モザンビーク ~隊員活動~ | 06:35:15 | Trackback(0) | Comments(4)
ライブ飛び入り参加!
2月22日(日)ライブ参加

演っちゃいました。
ほとんど飛び入りみたいなライブ参加。

週末の夜、バーで生演奏をしている光景ってのは結構あるのだけれど、
そこで演奏しているモザンビーク人アーティストのセルジオと日本大使館の方がお知り合いで、
普段からギター弾き語り+バイオリンで共演しているお二人に、
せっかくだからやってみないかと誘われたのでした。

ちょうどその頃、隊員の妹さんとお友達が日本から遊びに来ていて、
しかも2人ともバイオリンやビオラの奏者ということで俺なんかよりも全然専門的に音楽をやっている人たちだったので、思い出にもなるし一緒に演奏するということに。
(俺一人じゃ不安だったってのも多々ある)

セルジオのバンドと日本大使館の方のバイオリン。息もピッタリ。曲に深みが出る。
Sergio e Ngm3


普段から共演している息ぴったりの上の二人に比べて、こちらは当日ライブが始まってから音合わせを始めたくらいの即席デュオ。
しかも小さな頃からバイオリンとかを習ってる彼らと違って俺は完全に趣味レベルのギター。
年下の彼らを完全に頼りにしながら、妹さんとお友達と一曲ずつ一緒にやりました。

しかしそこはさすがの本格派。
ゆずの「からっぽ」を弾き語る俺に、主旋律やハモりのラインで見事に合わせてくれました。
amasotihikA




間に一曲、ソロでThe Beatlesの「Blackbird」を挟みまして。

3曲目は妹さんと一緒に「北の国から」。
飲んで踊りに来ているお客さんばかりのお店にはちょっとおとなしい曲だったかもしれないけれど、
「シィーーーー」って言って聞こうとしてくれてるお客さんもいたのが嬉しかった。
聴きに来てくれた知り合いの日本人も、モザンのバーで日本の曲が流れてるのっていいなあって、
喜んでくれました。
konatsuko


ただ、人前で歌うことやマイクを使うことに不慣れだった俺がちょっと足を引っ張ってしまって、
なんだか悔しかったのであれからうちでちょくちょく曲の練習するようになりました。

そんな機会があるかわからないけれど、とにかくもっとうまくなりたい。

モザンビーク ~暮らし~ | 08:18:02 | Trackback(0) | Comments(3)
勝利のハヤシライス
1年くらい前にりょうから、ネットが開通したらお祝いに食べてちょと送られてきていたレトルトのハヤシライス。(貴重なレトルト食品はよっぽどのことがないと食べない)
ネット戦争に敗北を感じた時点で諦めて食べたりしないでよかった。

勝利のハヤシライス

1年数ヶ月。
一つのことをこんなにも追い求め続けたのは人生でもそうないかもしれない。
しようがないので平日だけれどビールも開けた。
日本産の繊細な味、モザンビークの軽やかなビール、達成感。
至福のひと時。


モザンビーク ~食~ | 06:40:54 | Trackback(0) | Comments(2)
祝!ネット開通!!
任地の自宅に、晴れてインターネットができる環境を準備できた。
vodacomというモザンビーク2大電話会社の一つのサービスで、
パソコンのカードスロット(もしくはUSB)に機器を接続して、
電波のあるところならどこでもできるというモバイルな代物。

思えばここまでの道のりは長かった。


赴任して間もない頃、今回のと同じネットサービスの契約をしようとするも、
引き落とし先の銀行口座が開設後3ヶ月経っていないという理由でハンコをもらえず、
しかも当時vodacomの電波はうちでは随分悪かったのでその方法を断念。

次に、Mcelというもう一つの電話会社が始めたネットサービスにトライ。
ネットができる機能のついた携帯電話をパソコンに接続するというもの。
これなら契約も基本使用料金もいらないし、メールチェックだけ任地でやって、
容量の大きなことは隊員連絡所でやれば済むと思っていた。

月の生活費の4割近くをつぎ込んで電話機を買い、設定の仕方が分からないので
パソコンを抱えて電話会社に持って行き、日本語表示の意味を説明しながら、
ついにネットはつながったかに思えた。
しかし自宅に持って帰ると、通話はできてもネットができるほど電波状態が良くなく、
結局その電話は無用のものとなってしまった。
幸い別の隊員に少し値引きして買い取ってもらうことはできたのだけれど。

今度は有線だ。
俺が来る前に同じ家に済んでいた先輩隊員が使っていた電話線を利用して、
田舎なのでADSLではないけれど電話線利用のネット契約をする。
電話線契約とネットサービスの会社が別でややこしかったけれど、
なんとか契約もして、ネットもとりあえず半年分の基本料金を一気に払った。

しかし使えなかった。
どうやら外の地面かどっかを通っている電話線が湿気にやられたとかで、
通話も雑音がひどく聞き取れず、その雑音のせいでネットができないとのこと。
まもなくうちだけじゃなく周辺地域全部が電話不通になった。
その状態が何ヶ月も改善されないまま、月々の基本料金だけは請求してきて、
腹が立って支払いをやめたら電話線も切られた。
どっちにしろ使えないのだから同じこと。
ネットサービスを取り扱う会社に払った半年分のお金は取り戻せない。
取り戻そうともしてない。

しばらくしたある日、学校の電話やパソコンの様子を見に来た電話会社のお偉いさんに、
状況を説明してお金を返してくれるようにお願いしてみた。
他ではどうか知らんが少なくともモザンビークではそれは無理だと、
はなから相手にされずに笑われた。
店で腐った卵を買わされて、あなたは納得してお金が払えるんですかと言ってみた。
だめとは分かっていたけれど、この時ばかりは心から悔しかった。
電話線の状態が良くなったら、これまで払った期間の分だけ無料にはできると言われたが、
ネットサービスへ払ったお金も一緒にその期間に振り替えてもらえるか分からないし、
何よりお金を払うことにもう臆病になっていた。信用できない。
なのでその申し出も蹴った。

その時俺は完全にモザンビークに敗北したと思った。
ネット環境という明確な目標があったために、叶わなかったという結果もはっきり残った。

そもそも1,2週間に一度隊員連絡所で自由にネットできるだけ贅沢なのだけれど、
日本で待っている彼女とできるだけまめに連絡を取りたいと願ったばかりに、
この長く苦しい道のりは始まったのだった。

そしてしばしの沈黙をはさんでやってきたチャンス。
なんとvodacomの電波状況が格段に良くなっていることが発覚。
帰国する隊員がネットの契約期間を半年ほど残しているので、
その契約を俺が引き継いで使わせてもらうことにしたのだった。
その手続きも、言われた書類を用意していくとこれが足りないと言われたり、
前そんなこと言ってなかったのにみたいなことを言われたり、
店員の半端な仕事のせいで随分時間と交通費を浪費したものだった。

そしてさらには、パソコンが不調、そして完全活動休止。
ネットの契約移行手続きが済んだ頃には俺のパソコンは電源が入らなくなっていた。
この国はどれだけ俺にネットをさせたくないのだ。

今は事務所のパソコンを借りているけれど、別のを用意しなければならないので
これまた一月分の生活費に相当する出費。
ちょっとお金の無心というか、ドルの手配をせねばならぬというところです。


とまあ、そんな苦労を乗り越えて、晴れて自宅からこのブログが更新できることがすごく嬉しい。
たまにしか更新しないと特別な出来事しか書けないから、正直、隊員活動の紹介としてはリアリティに欠けるなあといつも思っていたから、これからは些細なこともちょこちょこ更新できると嬉しい。

とりあえず俺、よくがんばった。

モザンビーク ~暮らし~ | 17:22:43 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。