■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
祝日のお祭り(写真たくさん)
去る4月7日は、Dia das Mulheres Moçambicanas(ディーア・ダス・ムリェーレス・モサンビカーナス)
「モザンビーク女性の日」という祝日でした。

それに乗じたイベントごとの一環として、
学校でも学校のチームと地元の青年チームとサッカーの試合が行われました。

グラウンドというか草原・・・

グラウンドは草だらけなのだけれど、たくましすぎる彼らはそこでもう駆け回る駆け回る。
靴を持ってない子は裸足でやってたりもするからビックリ。
基礎体力が違うというか体の丈夫さが違う。

昼くらいから祭典の行われる場所に移動。
国道からそれた藪の中の集落が会場。

木陰って意外と落ち着く

カシューナッツの樹やマンゴーの樹の陰に腰を下ろす人々。
奥に見える水色のシャツの集団は、我が校のコーラス部。



続きを読む >>
スポンサーサイト
モザンビーク ~暮らし~ | 01:13:01 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。