■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
英語満点・手巻き寿司0点
うちの学校には、アメリカの団体からも2人ボランティアが入っている。
英語教師のアナとケイティ。
母国語で授業ができるのはすごくうらやましい。

2人は教員向けにも英語の講座を開いていて、俺も参加している。

先日、その講座のテストがあったのだけれど、なんと満点取ってしまった。
テスト後に得点をもとにクラス分けがされたのだけれど、ハイレベルなほうのクラスで
否定形の作り方 do + not
とかをていねいに教えてくれている。


さてそのアメリカ人ボランティアのアナとケイティが、もうすぐ日本に帰る俺をディナーに招待してくれた。
メニューはなんと手巻き寿司(具は野菜と卵とツナ)。
もうすぐ日本に帰るのに、このタイミングで日本の味!?
アメリカ人に用意してもらって!?
しかもおいしかったし。

ちゃんと作るところからみんなで楽しもうと材料が用意されていて、
「作ってみて」
と言われた俺はさあ大変。

「作ったことくらいあるけれど、あんまりよくわからない」
なんて弱気なことは、日本人として口が裂けても言えない。
日本人代表として、正しい、おいしい、手巻き寿司を作らなければならない。
日本からの期待を一身に背負って海苔を手に取る。

しかし苦戦する俺。
「ごはんがちょっとパサパサしてるなー」
とか、
「このまきす(っていうんだっけ?)短いなー」
とか言い訳しながらたどたどしく作ったらなんとか様にはなった。
「ま、こんな感じかな」
とか言ったあとにアナが作った手巻き寿司がめっちゃ上手!
作り慣れてる。
俺は絶対がっかりされた。
日本人失格だ。
二人ともお箸も上手に使えるし、いいとこ見せられなかった。

完敗でした。
応援してくださったみなさん、ごめんなさい。すし1
手前のいびつなのが俺が作ったやつ。
奥のきれいなのがアナが作ったやつ。

すし2
完勝コンビ、左がケイティ、右がアナ。

スポンサーサイト
モザンビーク ~人々~ | 09:35:52 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。