■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
残り2日で帰国
現在、9月20日(日)が終わろうとしています。
あと丸一日をモザンビークで過ごしたら、次の日はもう帰国の途につきます。

730日あった残り任期のカウントダウンも、残すところ3日。
帰国までが隊員活動です。
今日お別れした後輩隊次の人にそう言われました。
ここ2,3日は、もうモザンビークでは会うことのない人たちと、
最後のあいさつを交わしています。

長い付き合いの人、短い付き合いの人、たくさん話した人、少ししか話してない人、
あっさりしている人、情に熱い人、趣味の合った人、合わなかった人、いろいろいました。

日本に帰って今と環境が劇的に変わったら、みんなとの再会は少し難しいものになるでしょう。
しかし、今まで見送ってきた先輩の中で、この人とはまた会うだろうなと思っていた人とは、
もう、数日後に日本で会う約束ができています。

なので今回も、この人とはまた会うだろうなと思いながらお別れをすることは、
決してさびしいばかりのものではありません。

ただ、二度と戻らない「今」というものを意識したとき、少し感傷的になります。
ここにあるこの「今」と、帰国後に来る「今」があまりに違いすぎるから。
一気にたくさんのものを失うような気持ちになります。

しかしその分、再会できたときは喜びもひとしおでしょう。
その喜びを少しでもたくさん経験できる幸運に恵まれますように。

そして帰国は、再会の嵐。

スポンサーサイト
モザンビーク ~暮らし~ | 07:13:49 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。