■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
出発の日の朝
モザンビークの首都マプトの空港を、予定通りの11:40に出発。
タラップを上るとき、自分の足がモザンビークの大地から離れることを意識した。

飛び立つまで空港のテラスで待っていてくれたみなさん、本当にありがとう。
ちゃんと見えてましたよ。

ひときわ目立ったのは、任期を延長して同期ではただ一人残ることになったひでうおの、ピンクのシャツ。
出発の日の朝、俺らのために慣れないギターを弾きながら歌を一曲贈ってくれた。
モザンで一番うるっと来たのはそのはなむけの歌の最中だった。

対照的に飛行機はいやにあっさりと離陸した。
俺の中には何の波風も立たず、感動も、感慨深さも、喜びも悲しみも無く、
本当にあっさりと飛び立った。
ただ未来へと夢をのせて。

これで当分、もしかしたら一生、この土地を踏むことはない。
ただ、気持ちとしてはもちろん、また訪れたい。

帰国までが活動です。
このまますんなりとは終わらなかった、南アフリカ航空でのトラブルについては、
また次回。

スポンサーサイト
帰国後のこと | 02:07:00 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。