■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
帰国後の進路の一例
協力隊参加を悩んでいる人の主な不安要素とは。

語学習得
病気
現地の治安
帰国後の進路

この4つに尽きると言っても過言ではないでしょう。
今回は4つ目の、帰国後の進路について、僕の場合を記したいと思います。

正直ラッキーでした。
春から私立の中等教育学校で働くことが決まりました。
臨時ではありません。
帰国後、1ヶ月も経っていない頃のことです。

確か帰国の2,3か月前、まだモザンビークにいるころに、
高校の恩師から実家に連絡があり、教師の空きがあるという話をいただきました。
学校側は僕が帰国するまで待ってくれていて、帰国後面接に行き、
間もなく内定の通知が届いたのです。


しかし春までは無職です。
国内積立金もすごいスピードで減ってきています。
バイト探し中です。

もともとは、公立高校の教員志望でしたから、来年の教員採用試験を受けるつもりでした。
そしてそれまではハローワークに通い、一般企業への就職活動もするつもりでした。
そしてもし良い就職先が見つかれば、教師でなくともいいという気持ちでいました。
今はそのハローワークで春までの食いぶちを探しています。

ちなみに、帰国後の研修を受ければわかると思いますが、
JICAにも就職支援のシステムはあります。
特に、協力隊経験を活かした就職活動のしかたなどを教えてくれます。
職種によっては協力隊活動をプラスに考えてくれる仕事もありますが、
そうでない類の職種では全く評価されません。
なので、協力隊経験を良しとしている企業のみの募集サイトがあったりとか。

現職参加の人には関係無い悩みですが、そうでないほとんどの人には切実なこの問題。
しかし、協力隊に行くと決めた時点で新しい道を選んだのだから、
帰国した時にもう一度新しい道を選べるのだと、
可能性は無限大だという風に考えてがんばりたいものです。

スポンサーサイト
帰国後のこと | 00:47:17 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。