■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モザンビークの“失われた森”
先日なんとなくモザンビークのことを検索していると、
「失われた森」と記された画像を発見。

bosque perdido
グーグルアースの旅http://google-earth-travel.net/mercury/0902250008.htmlより転載)

なんじゃそりゃと思ってその画像元のページを開いてみると、グーグルアースの旅というサイトだった。

ご存知の方も多い、自宅に居ながら世界中を旅した気分になれる航空写真閲覧ソフト、「グーグルアース
そのグーグルアースで見つけた面白スポットなどを紹介するサイトが「グーグルアースの旅

その記事からリンクの貼ってあるページの詳細を読むと、数年前にグーグルアースを使ってイギリスの学者さんが、モザンビークに未開の森を見つけて、調査に入ると動植物の新種や希少種がどっさり見つかったという。
そのページはコチラから→MONGABAY.COM(以下写真は同サイトより転載)

ほえーーーーと思って、自分のグーグルアースの中に同じように「失われた森」のポイントを登録してみました。
探してみたい方はぜひ。あそこはザンベジア州になるのかな。
グーグルアースでまずは「mocuba」という街を検索して、そのモクバから定規ツールで北西に90kmのところを探したら、ちょうど画像のような森が見つかるはずです。
失われた森という表記はありません。


モズ地図アース

画像中央のYの字みたいな形なのがモザンビーク。
その下、アフリカ大陸の南端まで広がるのが今年W杯開催の南アフリカ。

マブ山頂の学者さん
失われた森、マブ山を見晴らす学者さん。

こんな写真を見ると登ってみたくなる。
モザンビークにいる頃は平らな草原ばかりの地域に住んでいて、山育ちの自分としては緑の起伏が恋しかったので、こんな景色があったんだったら余計に行ってみたかった。

なんだかちょっと夢のあるような、わくわくする記事でした。

それにしても俺の実家のあたりの航空写真が失われた森よりもはるかに粗いのはなぜだ。
まだ失われてはいないぞ。

スポンサーサイト
あることないことモザンビーク | 01:10:39 | Trackback(0) | Comments(0)
留守家族懇談会に行ってきたよ
留守家族懇談会?

先日、1月10日(日)に県内某所で行われました。
それは、現在派遣されている人の家族のために行われ、JICAの支援体制や隊員の活動を知ってもらうと同時に、安心して帰国を待っていてもらおうという、JICAの家族ケアみたいなものかなと思います。

数日前に帰国したばかりだという隊員の方もいましたが、僕も比較的最近帰ってきた隊員OBなので、現地での活動報告をさせてもらいました。

モザンビークにいる頃からですが、たくさんの人前であいさつや話す機会があるときは、実家の家業の宣伝をするというのが最近の僕の恒例になっています。
思い切って露骨に宣伝すると意外と場がなごむのですよ。

今回もしっかり、活動報告の冒頭で実家の宣伝をさせてもらいました。
すると最後の質問コーナーでは、僕が後を継がないので、じゃあ家業はどうなるのかと、そんな心配までしてもらいました。
ありがたいお話です。

留守家族懇談会は、僕がモザンビークに行っている間に母も出席していたそうで、良かったとかなんとか行っていたような記憶があります。
なので、恩返しじゃないですけど、今現在、日本で帰りを待っている隊員のご家族の不安を少しでも取り除けるようにという思いもあり、参加して帰国報告をさせてもらいました。

やっぱり、待っている側は向こうの様子がわからないから、想像以上に心配してるんだなあと感じました。

ちなみに、改めて僕がいたモザンビークの位置を下の地図でお見せします。
今年サッカーのワールドカップが開催される南アフリカの右上に位置しています。
モザンビークは残念ながら本選出場ならず。

モザンビーク 地図


帰国後のこと | 21:11:32 | Trackback(0) | Comments(0)
OVデーに行ってきたよ
ずいぶん前の話ですが、昨年の11月13、14日と、OVデーと言われるプログラムに参加してきました。

派遣前訓練中の青年海外協力隊員(JOCV)に、帰国したばかりの隊員が会いに行ってお話するのです。

嬉しいのは、同期に会えて同窓会みたいな気分になるのと、二本松訓練所に行けるということです。


訓練所に到着する道すがらですでにたくさんの同期と再会。
案外みんな変わってないもんです。

濃い濃いほんとに特濃の2ヶ月間を過ごした思い出の訓練所ですが、うきうきな気分ばかりではありませんでした。
青春そのものだったような2ヶ月間ですから、帰国したばかりで世捨て人のような気の抜けた今、あのパワースポットにのまれてしまわないだろうか、と言えば伝わるでしょうか。
訓練生たちはがっついているんだろうなあ、とか、その訓練生を通じて昔の自分を思い出すのは気恥かしいなあ、とか。

そんな感じで到着して最初にしたのは検温。
この時点で発熱が確認されればここで脱落。
大事をとって帰らなければなりません。
マスクも配布されました。

訓練中は外部からの訓練所への立ち入りが禁止されていたそうです。
禁止しなくても行こうと思うような場所にはありませんが。

さて、それから語学の先生との久しぶりのご対面。
語学力チェックみたいなのをされます。
と言ってもほぼ雑談しただけですが、訓練の参考にするそうです。

そして、全訓練生の前で自己紹介をし、のちモザンビーク隊員とご対面。
任国事情を2時間ほど話すのですが、全然話し足りませんでした。

4人いた訓練生は年明け7日にモザンビークに旅立って行きましたが、みんな素晴らしく前向きで明るくてまじめな人たちばかりでした。
毎日ポル語の勉強ばかりしているそうでした。
その時はモチベーション下げるから言っちゃだめだろうなあと思って言わなかったけど、僕は普段は体育館にばっかり行っていて、勉強も宿題もあんまりしていませんでした。
なのでほんと今回の隊次の4人には脱帽です。

おもしろかったのが、とあるモンゴル隊員との再会。
その隊員は数年前たまたま知り合ってからいろんな縁で、2年半前、俺が協力隊に行く前の大阪での壮行会にも来てくれていたのです。
それが今度はOVデーで再会して俺が行ってらっしゃいを言う立場になっているという。
しかも僕の前任者と同じ大学の後輩です。

ともあれ、熱い熱い訓練生のパワーに圧倒されながらも、その一部は吸収して元気をもらって帰れた、そんな1泊2日のOVデーでした。
JICAからお金ももらえました。

帰国後のこと | 20:17:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。