■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ひとつの事実:無数の真実
一つの事実に対して、人の数だけ違う見方がある。

その人にとってはそれが真実
だって反対側がどうなってるかなんて見えないんだもの。

反対側に立っている人には全然違う風に見えていたとしても、
その人の見方は否定する対象ではなく、見えない反対側を想像する貴重な材料なのだ。
人と意見が食い違うっていうのはそういうことなのだ。

自分と違う意見を否定することしかできない人は、
想像力の貧しい、意見の交換が成り立たない人だと思う。
事実=世界をより豊かに見るチャンスを逃している。

交換した意見がまちがった情報だったとしても、それを知るすべのない自分にとってはそれも真実
まちがった情報でも胸の中に生まれる感情や印象は本物だから。


ミスチルもこう歌っている。
”「愛してる」と君が言う 口先だけだとしても
 たまらなく嬉しくなるから それもまた僕にとって真実
(「Any」より)


それプラス、人は自分の生きてきた経験で作った色つきフィルターを通して物を見ている。
そのフィルターの色、歪み、汚れによっては、見たいものがいつまでも見えない。
見たくないものばかり見えてしまう。

だからそのフィルターをきれいにクリアにしておかなければならない。
それがポジティブシンキング。
悪いことすらもいいことに置き換えられるフィルタ―調整。
あれもこれも自分に都合の良いように考えてしまえる力。

たとえそれが勘違いであったとしても、思い込みだったとしても、
がんばる力、心の励みになるならば、それはなんて素敵な真実

スポンサーサイト
未分類 | 07:33:18 | Trackback(0) | Comments(0)
テレビのスポーツに自分を重ねるのはなぜだ?
今、オリンピックのスノーボードハーフパイプが終わった。

最近、テレビのスポーツ選手の大一番を見て、自分のことのようにドキドキして手に汗をかく。
今回のスノーボードもそうだし、何カ月か前にあった亀田vs内藤のボクシングのときも、外に音が聞こえるんじゃないかと思うくらいドキドキと胸が鳴った。
何年か前まではそんなことはなかったのだ。

昔よりも明らかにスポーツ観戦熱が上がっている。
おっさん化しているのかもしれない。

そもそも人が誰かに感動するのは、その人に共感できる経験を持っているからで、だから年をとると涙もろくなったりするのだと思う。
人生経験を積んでいくと、簡単に他人に自分を重ね合わせられるようになるのだ。

じゃあ人は(俺は)スポーツ選手に何を重ね合わせているのだ?
どの部分を自分と思って自分に重ねてあんなにドキドキしているのだろう。

とか書いてるうちに答えは出てたや。

思ったこといろいろ | 13:42:09 | Trackback(0) | Comments(0)
砥部焼@価格.com
何気にネットで砥部焼を検索していると、
価格.comでうちの皿が売られているのを発見した!!
↓→価格.com 砥部焼のカテゴリ
砥部焼@kakaku


クリックしていくと楽天のサイトにつながり、実際に販売しているのは楽天に登録している“88stage”というネットショップだと分かった。

刷毛目@楽天    吊るし柿@楽天

作品の説明に窯元名とかは書いてないけれどなんとこんなところで出会うとはびっくりじゃのう。
100枚くらい注文してみたらうちにも100枚注文がくるんじゃろうか。



未分類 | 08:03:08 | Trackback(0) | Comments(0)
現在フリーターの私
最近はバイトの日々です。

棚卸の請け負い会社のバイトなので、棚卸をするべく県内のいろんなところに赴いて仕事をします。
たなおろしって行っても棚から箱を下ろしたりとかする体力仕事ではないですよ。
商品の在庫数を数えて報告する仕事です。

専用の機械でバーコードを読み取って数量を入力するという作業なのですが、
単純なようで奥が深い。

缶や箱のような形のはっきりしたものや、袋に入った液体の商品などの数えにくいもの、シンプルなものや、衣類、化粧品などの色やサイズや種類にバリエーションがたくさんあるもの、数えててイライラ~ってなるものもたくさん。

こないだは衣料品店で化学繊維の服を数えていて、バチバチ静電気にかなり怯えました。

やっててよく思うのは、「こんなものまで売ってるんやー」っていう商品の種類の多さ。
日本の豊かさを実感します。
先日行った、某大手衣料品店は在庫が10万着くらいあるらしいのですが、想像つかないしそれを一晩で数えるのかというしんどさもあります。

3ヶ月限定の短期バイトですが、辞める時には惜しまれるとまでは言わないまでも、しばらくは覚えていてもらえるくらいの存在にはなれるよう、
日々、一生懸命頑張っています。

夜中から朝方にかけてやる仕事が多いので、昼夜逆転気味。
いつでも眠いような眠くないような。

ゆうべは楽しみにしていたポニョ見ながら途中で寝てしまいました。
しかし俺はとある方法でポニョの動画データを入手して持っているので、
それで最後まで見ようとデータを開くと、タイトルはポニョなのに同時期に入手したフラガールが入ってました。
ということは、と思ってフラガールのデータを開くとそれもフラガールでした。
しゅん。

帰国後のこと | 07:54:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。