■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
引きこもりの日
11月20日(火)

 この週、あると思っていた試験が無くって俺の試験監督の仕事が無くなった。
別に変更とかじゃなく、俺がスケジュールを把握できていなかっただけやけど。
それと、自分の部屋でデスクワークに勤しんでいたことと、ポル語に少し疲れたこともあったこの日はなんと一歩も部屋から出なかった。
そういう日は訪問者が多かった。

アホッぽくてあまり好きじゃない配管工のお兄ちゃん。
このお兄ちゃんに、前日の昼食後、おなか空いてないのにフルーツをおごられたり、
ビール飲んでるのに変な甘酸っぱい飲み物をおごられたり、ポル語字幕のアメリカ映画を見せられたりした。
あまり乗り気じゃない空気を読まずにどんどん勧めてくるから、結構疲ればかりがたまった。
しかも下心があるんじゃないだろうかという雰囲気を感じてしまったので、なお距離を置きたくなった。

そして次は同僚の先生2人が別々に。
彼ら何人かの教員は日本の音楽に強い関心を示しており、過去の隊員がそうだったように、
日本の音楽をCD-Rに焼いてくれとやたらせがんでくる。
ちゃんとMP3という形式も知っていて、たくさんの曲を欲しがる。
俺のデスクワークの大部分は、実はそれの作業だったりするのだが。

 他、近所の奥様方が様子を見るついでに挨拶をしに来てくれたり、秘書のミラーグレがビール来たよといいに来てくれたり、そのビールを用務員の兄ちゃんが届けてくれたりした。
そう、最近、ビールを箱買いしてしまった。一人ではそんなに飲まないので、これでしばらくは楽しめそうな感じではある。けどつきあいも大事やし、引きこもると次の日心配されたし、できるだけ積極的に出ていこう。
嫌にならない程度に。


モザンビーク ~暮らし~ | 21:57:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。