■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ラモスからの電話その2
12月19日(水)~21日(金)

 19日の夕方、シブトゥトゥイーネの家にいるとラモスから電話がかかってきた。
「今度学校に行くよ、一緒に写真を撮ろう」と彼の方から言ってきてくれたんだ。
約束は21日の朝7時に(早いな)!

 前に書いたように、卒業式の日、生徒と一緒に写真を撮るつもりだったのにその約束をおろそかにしてしまった俺は、そのことをすごくすごく悔やんだ。だからせめて、これからできる一番誠意のこもった対応をするために、たまたま撮っていた彼らのスナップ写真を現像し、手紙を書き、封筒に入れて、会える機会を少なくとも任期の2年間は待とうと決心したんだった。
 だから俺はその電話がすごく嬉しかった。前の電話のときに、会いに行くよって言ってくれてたけど正直半信半疑だった俺は、そういう風に疑った自分を恥じた。
→12月3日(月)卒業式、裏切り    →12月4日(火)ラモスからの電話

 ただその日は一時的に首都から用事で自宅に帰っていただけで、カメラを持ってきていなかった。しかしここで諦めるわけにはいかず、夕方からだけど急いでシャパ(ミニバス)に乗って2時間かけて首都に上がった。
 そして翌朝また自宅に2時間かけて戻り、ラモスに手紙を書いて、封筒に入れて準備を万全にした。
 過ぎたこととして諦めず、また会えることを祈って写真を現像しておいてよかったー。信じてさえいれば、会いたかった生徒みんなにまた会えるんじゃないかと、うきうきとした希望の光を感じながら翌朝を迎えた。

そして21日の朝。
彼まったく来なかったよねー。
待っても待っても来なかったよねー。
メールしても電話してもつながらなかったよねー。
結構、ココロにぐっときたよーーー。


(後日談。その日どうしても首都に行く予定だった俺は15時前に学校を出て、ラモスはその後15時に学校に来たらしい。残念。 )


俺の日本の携帯で自分のキメ顔を撮影するラモス。

Ramos


モザンビーク ~人々~ | 10:50:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。