■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モザンビークの果物1:マンゴー
Manga(マンガ):マンゴー
甘くておいしい、あったかい国の象徴的フルーツ。
ここモザンビークでも、夏の11月頃からマンゴーがバカみたいに木になります。

硬くてすっぱい青い時期から道端で売られ始め、塩を付けて食べたりします。
そんな感じでつけもの感覚で食べるのが好きな人もいますがそれは邪道です。

Manga.2
枝が折れるんじゃないかと思うほどに鈴なりのマンゴー


Manga.3
ピンク色なのがアップルマンゴー。日本で商品としてしっかり生産されているものは、5000円/㎏したりします。他の種類に比べ数が少なく、果肉は甘く少し桃のような食感でスジがありません。

奥のかなり大きなマンゴーは、ひとつでもたっぷり食べられます。

そのほかの黄色やオレンジのマンゴーはかぶりつくととてもすじが多く、歯の間にかなり引っかかります。

Manga.1


旬になると都会では道端で100円/㎏しないくらい。
田舎では自分で採って食べるので食べ放題。

おいしい国、モザンビーク。

モザンビーク ~食~ | 10:42:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
マンゴー
わたしな、マンゴー食べられへん…
したがって、いまのところモザンビークはおいしい国やない(>_<)
他にはなにがあんのー?
2008-01-02 水 20:13:31 | URL | かな [編集]
なんと
そうなんかいな。
まあ待て、まだまだあるから。
モザンビークはマンゴーだけやない、おいしい国やで。
そのうちね。
2008-01-03 木 07:24:16 | URL | りゅう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。