■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
焼成実験2-2
⇒焼成実験のつづき

2時間以上は経過。
最初のほうに温度の急上昇を恐れて灰をかけすぎたのか、強火になるのが遅かったかも。
でも慎重に温度を上げるのに越したことは無い。

焼成実験2-6
扇いだり炭を崩したりして、だんだん火を強くしていく。

焼成実験2-7
胴体の亀裂はますます大きくなって、ズレすら生じてくる。

焼成実験2-8
こうやって普通に日本のうちわで扇ぐ。

焼成実験2-9
こうこうと燃え盛る炭。
だんだん炭のかさも減ってきて作品が見えてきそうになる。
最初それに気づかずに扇いでいたせいか、それとも土が弱いのか焼成方法がまずかったのか、見えてきた作品の口にはすでに亀裂が入っていた。

更に下にテストピースを入れていたため、もっと扇いでそいつらを焼くためにも上の作品は取り出すことにした。
テストピース乾燥中

鉢の底の方に入っているテストピースたち。これは作って乾燥中。
赤土と黒土、それぞれ砂を混ぜたものとそうでないものの4種類を作った。
写真のように直射日光で乾燥させていると、縁から亀裂が入りまくったのでまた作り直した。
畑の黒い土のような匂いがする、すごく粘り気のある土たちだから、可塑性(作りやすさ)はあるけど耐火性や収縮時の亀裂には弱い土なのかもしれない。
ちなみに粉っぽいのは、乾燥を早めるためにまぶしていた灰。


⇒次回へ続く


モザンビーク ~隊員活動~ | 21:57:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。