■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
紙の授業と教室の雰囲気
2月25日の週。

俺が始めて一人で担当した授業は「紙」の授業。
一クラスにつき週2時間あり、8クラス分8回やりました。

内容は紙についての講義形式の授業と、実習形式のは無難に折り紙プラス切り紙。
切り紙は、やってて自分でも熱中するくらい楽しい素材でしたし、
何人かの生徒も自分で工夫しながら制作してくれて嬉しかったです。

本を見たりして作った参考作品
切り紙作品例
切り紙は紙を折ってハサミで切って開いたら意外にきれいでビックリするというものなんですが、左上のコスモスのようなものを一例として生徒の前で作って見せたら、みんな驚いたり歓声が上がったり、調子のいいクラスでは拍手がおこったりしました。

同僚の別の授業の様子
授業風景
結構ちゃんと聞いてます。

切り紙制作中の生徒たち
切り紙作業中
何人もの生徒が、俺でもオオッと思うくらい面白い作品を生み出してきました。
それ以上にしょうもない作品もありつつ、ふざけた生徒もいつつ・・・。
その話は長くなるのでまた別の機会にでも。


とあるクラスの授業後集合写真
切り紙集合写真
まだ少しよそよそしいというか、俺は普通に並んだだけって感じ。
もっともみくちゃに囲まれるくらい仲良くなりたいものです。

モザンビーク ~隊員活動~ | 11:20:53 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
おー素敵な切り絵だ。

やっぱり人間の基本としてもの作りはたのしいものなんだろうね。
お互いがんばろう。
2008-03-21 金 17:13:01 | URL | ryokky [編集]
>ryokky
素敵でしょ?
生徒たちが面白い作品を作ったのを見たときは嬉しいよね。
本人も絶対面白かったはずやし。
がんばろなー。
ハガキ届いたよーって言ったっけ?
ありがとう。
2008-03-23 日 20:08:34 | URL | りゅう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。