■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
17年度3次隊さよなら三角また来て四角
3月25日(火)
この日はいろんな日でした。

3月25日。
昨年の9月25日にモザンビークの地に降り立った俺と19-2のみんなにとって、
ちょうど半年の節目の日。
もう活動期間の4分の1が経過。

3月25日。
2年前の今頃来た先輩隊員、17年度3次隊のみなさんがモザンビークを飛び立った日。
頼りになる存在がぽっかりと抜けてしまったような感覚。

3月25日。
訓練を終えたばかりの19年度4次隊がモザンビークに到着した日。
もう2世代目の後輩隊員が来てしまった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先輩の出発に先立って、3月22日(土)マプト市内のレストランで送別会が開かれました。

17年度3次隊のみなさんとは、僕は半年間という短いお付き合いでしたが、教わったこと、お世話になったことはたくさんありました。
口座開設の手続きやネット契約のいろいろを、右も左も分からないころに親切に教えてくださった先輩。
夜な夜なドミでビールを酌み交わしつつ、時にまじめに、時に笑って夜更けまで話し込んだ先輩。
そのほかにも、一言一言、一挙手一投足の随所に、モザンビークで2年間を過ごした人の雰囲気を感じ、異国の地での生活に身を慣れさせる大きな助けになりました。

17-3dispedida
ホテルJACARANDAのレストランにて

僕たち後輩隊員は、先輩方が踏み分け踏み分け作ってくださった道なき道を辿ることで、
より遠くまで行くことが出来ます。
そしてその道は後々まで受け継がれることでよりくっきりとした“わだち”となって、
ここ、モザンビークに残ることでしょう。
日本に帰る先輩隊員の皆さんは、帰国してからもまた扉を開き、新しい道を歩み始めます。

そんなみなさんへの感謝と激励の気持ちを込めて、ギター弾きの隊員と練習したコブクロの「轍」を贈らせてもらいました。

kobukuro.wadachi

思った以上にしっくりと来た歌詞とみなさんのあったかい手拍子、そして関係ない他所のお客さん(笑)
僕にとってもとても印象深い送別会となりました。
「歌がこのまま終わらなければいいのにと思った」
と、少し冗談ぽく言ってくれた帰国される先輩の一言が忘れられません。

僕の中のモザンビークにぽっかりと空いた穴はまだ埋まっていませんが、それがふさがるころには、今よりはもう少し先輩たちの心境に近づいた、成長した自分になっているのでしょうか。

ともあれ、あと1年半。
胸を張って帰れるよう、頑張りたいと思います。

人との繋がり(≧ο≦)人(≧V≦)ノ | 21:24:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
よろしくお願いします!
4次隊のいけです。
タイミングが悪くお会いできませんでしたが、よろしくお願いします。
2008-04-02 水 04:50:50 | URL | いけ [編集]
こちらこそ
今日、さっそく会えましたね。
是非、近いうちに食事でも。
2008-04-05 土 09:23:22 | URL | りゅう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。