■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モザンアートフェスタに日本人アーティスト
先日、マプトにある国立美術館でやってたアートフェスタに友達が遊び行ったら、日本人アーティストにばったり出会った。
モザンビークに世界各国から招待されて2週間でそれぞれが刺激を与えながら作品を作るというプロジェクトに、日本人が招待されていた。

その話を聞いて俺も行かねばと足を運んだのだけれど、こんなところのアートフェスタに日本人が来ているなんて夢にも思わないのでビックリ。
いろんな人がいろんな理由でモザンビークに来たりしているんだなあ。
広島の大学に勤めている女性で、香川出身だしどちらも地元が近いので親近感が湧いた。

アーティストたちは共通言語としてやはり英語を話す。
こういうとき英語がもっと話せたらと思う。

前衛美術が世界最貧国モザンビークでもこんなに活発なのかと思うと、自己表現に対する人の欲求ってすごいのかなあって思った。

日本人に会うとテンション上がる。

人との繋がり(≧ο≦)人(≧V≦)ノ | 20:44:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。