■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
授業風景
同僚のマルティンシュが授業をしているところ。
martins_jugyouchuu

他の教室は知らないけれど、美術室では席は自由。
たくさんの生徒が日本の生徒よりも積極的に発言をし、議論をする。
自己主張が強く、教科書を読みたい人、と尋ねると何人も手を上げる。
教科書は教師しか持っておらず、大事な部分は生徒が音読して他の生徒はそれをメモする。

みんなが教科書を持って勉強できる日本ってすばらしいと思った。

手捻りvaso てびねりコピーたち

≪左≫俺が作った参考作品。こんな風に、壷とか甕の形にとらわれず、自由な発想で制作して欲しくて作ったのだけれど・・・。
≪右≫健康診断で留守にしている間に同僚が、技術を見るために俺のと同じものを作れと言ったらしく、たくさん生まれた変なコピーたち。

もうちょっと後に、四角い作品がみたいとの生徒からのリクエストで作った作品。
手びねりその2


モザンビーク ~隊員活動~ | 22:51:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。