■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ザンビア旅行その1・リビングストーン
ザンビア旅行。
初の任国外旅行は、2人の先輩隊員と一緒に3人で。

7月6日(日)ザンビア1日目。リビングストーン着。

 4:30起床。5時に隊員連絡所を出発。
国外旅行(陸続きなので「海外旅行」ではない)へ出かけるという実感も薄く、
タクシーも飛行機も何の問題も無くLivingstone着。

マプトの空港でちょっとジュースをねだってくる警官にうんざりしたくらいかな。
こっちの下っ端警官は外国人からの小遣い目当てでいちゃもんをつけてくることが一般的にあります。
話では聞いていたけれど、実際にせびられるとほんとに腹が立つ。
その時も、荷物の中身を調べた後に「我々のジュースはどこだ?」
って。若干遠まわしに。
値段は50円程度のもんやけど、いじきたないし根性腐ってるし大嫌い。
「恥を知れ」に値するポル語を早く知りたかったです。

ただ、こっちに落ち度があるときは、多少払えば見逃してくれる可能性もあるということです。
あくまで可能性。

zanbejiriver
ザンベジ川。
南アからザンビアに到着しようという機内からの写真。
ヴィクトリアフォールズ(滝)も見えたけど撮り損ねた。

リビングストーン。
ザンビアは英語の国。
白人観光客がたくさん。

Jollyboysというバックパッカー宿から空港までお迎えの車が来る。
宿は雰囲気の良さにビックリ!すごく安心した。
途上国でいちいち気をつけなければならないわずらわしさみたいなものがあまり無い。
モラルや経済感覚や常識感覚は先進国のそれに近い感じがした。

jollyboys_pickup宿の送迎車。空港や滝と宿を送迎してくれる。
jollyboys_1中央のくつろぎクッションスペース。夜な夜な話し込むスペースとなる。
jollyboys_2なんかいい雰囲気。

街をふらついて、両替したり、タクシーにボラれて倍額取られたり、ザンビアの国産ビール、MOSIを飲んだり。
味はまあ、まあまあかな。
MOSI_Beer

帰ってからはくつろぎクッションスペースで男三人で話をしてキャッキャと盛り上がる。
23:00就寝。16人部屋。
jollyboys_03

くつろぎクッションスペース以外にも、いろいろなところにゆったりできるスペースがある。
快適。

ザンビア旅行 | 06:01:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。