■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ザンビア旅行その6・ルサカ散策
7月11日(金)訓練開始から1年。ルサカ散策。

ちょうど1年前のこの日、二本松での訓練が始まった。
感慨深い。
やたら長かったような気がするのは新しい経験ばかりしてきたからか。

この日は午前中ザンビア隊員の案内で庶民の市場を散策。
アーケード付きの市場もあり、全体的に整った印象。
庶民の市1 庶民の市2
庶民の市場や工芸品の雰囲気はモザンに似たものがあった。

庶民の市3 庶民の市4
けどやっぱり地面なんかを見ても、モザンよりも整備が行き届いている気がした。
中央市場? 歩道橋・マンダヒル
モザンビークには無いもの。それは歩道橋。
整った多きな幹線道路の上にそびえるそれにテンションが上がってしまった。
そしてショッピングモールのようなところと駐車場の込み具合。
日本じゃないかと思ったくらい。
こういう写真のようなアーケード街もモザンには無いと思う。

夜は生ビールを飲みに。
ザンビアではMOSIとCastelの2つがメジャーらしい。
会話もはずんで、ザンビアでの最後の夜を楽しんだのでした。


そう言えば!
ドミで会ったザンビアの20-1隊の一人が、なんとあげもちシールを持っていました。
相方には日本で会ったことがあるそうで、こんなとこでそんな人に会うとは思ってもみなかったので、ずいぶんびっくりしたしなんだか嬉しかったです。

ザンビア旅行 | 08:31:11 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
ところで
そのアゲモチ栄養士隊員はヒデモチバッジとかいう変な物を持っていなかったですか?

2008-08-01 金 02:07:25 | URL | ひで [編集]
By the way
んー、あげもちシールが貼ってあったそれは、いろんな人の寄せ書き付きのタンブラーだったんですけど、ヒデモチバッジとかいう変な物はちょっと見てないですねえ。
なんすかヒデモチって???
2008-08-04 月 07:03:45 | URL | りゅう [編集]
いまさら
登場ですが、ひでもちバッジは大切にカメラ入れにつけていました。
しまった。見せるの忘れた。またザンビアに来られたときはぜひ♪
2008-08-28 木 15:33:29 | URL | あげもち栄養士 [編集]
あげもち栄養士さん

なんと。超気になるまま説明無しじゃないですか。
ひでもちバッジについて。

ぜひモザンに来て見せてください。
2008-08-31 日 02:35:21 | URL | りゅう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。