■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ザンビア旅行その7・最後に
7月12日(土)最終7日目。モザンビークへ。

最終日は移動日。
出発日と同じく4時半起きで空港へ向かうはずが、最後の最後にみんなで寝坊して、予約していたタクシーからの電話で起こされました。
タクシーさん時間通りに来てくれてありがとう。

そんなこんなでドタバタしたものの、空港についてからは順調。
落ち着いて搭乗し、ザンビアにお別れしてヨハネスブルグへ。
しかし不安だったのはこのあとのこと。

実は飛行機のチケットは安さを優先で買ったので南アでの乗り継ぎが非常に悪く、
空港で10時間も待たなければいけなかったのです。

ところが、喫茶店のふかふかのソファに陣取って3人でたわいも無い話をしていたら、特に苦も無く10時間なんて簡単に過ごせてしまいました。
やっぱりビールも飲んじゃったし。
ヨハネスで生ビール
HANSAという南アのビールと、Pilsner Urquel?とか言うチェコのビールがそれぞれドラフトであったので、ものめずらしさについつい飲んでしまいました。
ちなみにおつまみのお菓子はバックパッカー宿で会った日本人のかたにもらったもの。

いよいよ搭乗の時間が迫ってくると、

はあ~、もうモザンビークに帰っちゃうのか~。

と、みんなでげんなりし始めました。
それだけ旅行を楽しめたということでしょうか。

最初から最後まで、寝坊したことを含めてもすごく順調に事が進んだ今回の旅。
しかし最後の最後に落とし穴が。

モザンに入国するとき、俺のパスポートのビザが無効だと言われてしまい、
25ドルでビザを買わされたのです。
普段持ち歩いている外国人用の身分証名称がビザの代わりになったらしいのだけれど、
その時はそれも思いつかず、とりあえず入国しなきゃとついつい払ってしまいました。

それは結局モザンの外務省がビザを発行したときの記入ミスだったのだけれど、払った25ドルが戻ってくることは無く、最後の最後に少し嫌な思いをしてしまいました。
モザンのばか。
仕事が遅いだけじゃなく間違えるとは救いようのない。
しかし一番救いようが無いのは間違いを認めず言い訳ばかりで、
反省をしないところです。
反省無いところに進歩はありません。
ちょっと八つ当たり的な理論展開になってしまったけど。
普段からすごく、心の底から思っていることです。

そんな意外な感じでザンビア旅行記は閉幕。
長々とお付き合いありがとうございました。

ザンビア旅行 | 08:47:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。