■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
1年が経った。1年が残っている。
2007年9月24日に日本を出発した。
2008年9月24日、隊員活動がスタートして1年が経過した。

そしてモザンビークでの生活が1年を過ぎた。

たまに、外国での生活ってこんなにも当たり前に過ぎてっていいものなのか、と戸惑う。
でもいつまでも驚きと発見の連続では身が持たない。
覚えていくし、学んでいくし、慣れていく。
自分が自分である以上、モザンビークでの生活の中にも自分のやり方を見つけ出し、
そして自分の悩み方で悩む。

本質的には変わらないのだけれど、1年前の自分とは明らかに違う。
良くなったり悪くなったりしてるかもしれないけれど、
この場合の「良い悪い」は日本をベースにした評価で、
モザンビークをベースに考えると順応してきているだけなので良くなっただけ。

最近になってやっと、モザンビークのリズムが掴めてきたような気がする。

口で言う時間と実際の時間とのずれを想定して行動できるようになってきた。
(まだまだ予想しきれないところは多々あるにせよ)
モザンビーク人のだめなところのうち、許せる部分が見えてきたのでピリピリしなくなった。
(日本人だと許せたようなことも過敏に反応して、「これだから途上国の人は」なんてすぐに思ってた。)

後者の変化は自分にとってかなり大きい。
最初の頃はモザン人の言うことを言葉のまま受け止めていたので、裏切られることが度々あった。
そのうちにそれらを全部否定するかのように完全にバリアーを張り、言うことの全てを疑ってかかったり、小さな過失にも「またか」と大袈裟に落胆してみたりした。
最近はそれも日本人のルーズな面の延長上にあるもんなんだなあって思えてきた。
それは完全に諦めたということではなく、距離感が掴めたということ。
だめなとこはちゃんと言うけど必要以上に責めたりしない。
気持ちに余裕ができた。

気持ちに余裕ができたら、今度はモザン人の良い所が見えるようになってきた。
人懐こく明るい性格は前にも増して俺を元気にしてくれるし、
まじめな面だって、一生懸命な面だってちゃんとある。
同じ人として認められるようになってきた。

でもこうなるのに1年もかかるとは正直思ってなかった。
自分なりに苦労してきたと言っていいのかもしれないこの一年。

まだ苦労はたくさん待っているのだろうけど、今までとは違う苦労なはずで、
今までとは違う苦労である以上、乗り越えたら今までとは違う新しいものを得るだろう。

あと1年。
まだまだ、もっと強くなりたい。

思ったこといろいろ | 08:23:22 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
1年経ちましたなぁ~。

私も一昨日で丁度1年でした。

私は特にイベントもせず、職場の同僚と会ってたけど、

みんなそれぞれ1年を迎えたんだなぁ~どう迎えたのかな?

って思ってました。

1年は目出度いけど・・・・


報告書書かなきゃ!!

2008-09-29 月 15:38:22 | URL | rikabaa [編集]
やべ、報告書!

ポータルシステムのせいで遅れてることにしよう。

1年が経ちまして、それぞれどんな思いでしょう。
もう1年元気にみんながんばって、無事に日本で会えますように。
2008-10-05 日 10:05:13 | URL | りゅう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。