■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
祝!ネット開通!!
任地の自宅に、晴れてインターネットができる環境を準備できた。
vodacomというモザンビーク2大電話会社の一つのサービスで、
パソコンのカードスロット(もしくはUSB)に機器を接続して、
電波のあるところならどこでもできるというモバイルな代物。

思えばここまでの道のりは長かった。


赴任して間もない頃、今回のと同じネットサービスの契約をしようとするも、
引き落とし先の銀行口座が開設後3ヶ月経っていないという理由でハンコをもらえず、
しかも当時vodacomの電波はうちでは随分悪かったのでその方法を断念。

次に、Mcelというもう一つの電話会社が始めたネットサービスにトライ。
ネットができる機能のついた携帯電話をパソコンに接続するというもの。
これなら契約も基本使用料金もいらないし、メールチェックだけ任地でやって、
容量の大きなことは隊員連絡所でやれば済むと思っていた。

月の生活費の4割近くをつぎ込んで電話機を買い、設定の仕方が分からないので
パソコンを抱えて電話会社に持って行き、日本語表示の意味を説明しながら、
ついにネットはつながったかに思えた。
しかし自宅に持って帰ると、通話はできてもネットができるほど電波状態が良くなく、
結局その電話は無用のものとなってしまった。
幸い別の隊員に少し値引きして買い取ってもらうことはできたのだけれど。

今度は有線だ。
俺が来る前に同じ家に済んでいた先輩隊員が使っていた電話線を利用して、
田舎なのでADSLではないけれど電話線利用のネット契約をする。
電話線契約とネットサービスの会社が別でややこしかったけれど、
なんとか契約もして、ネットもとりあえず半年分の基本料金を一気に払った。

しかし使えなかった。
どうやら外の地面かどっかを通っている電話線が湿気にやられたとかで、
通話も雑音がひどく聞き取れず、その雑音のせいでネットができないとのこと。
まもなくうちだけじゃなく周辺地域全部が電話不通になった。
その状態が何ヶ月も改善されないまま、月々の基本料金だけは請求してきて、
腹が立って支払いをやめたら電話線も切られた。
どっちにしろ使えないのだから同じこと。
ネットサービスを取り扱う会社に払った半年分のお金は取り戻せない。
取り戻そうともしてない。

しばらくしたある日、学校の電話やパソコンの様子を見に来た電話会社のお偉いさんに、
状況を説明してお金を返してくれるようにお願いしてみた。
他ではどうか知らんが少なくともモザンビークではそれは無理だと、
はなから相手にされずに笑われた。
店で腐った卵を買わされて、あなたは納得してお金が払えるんですかと言ってみた。
だめとは分かっていたけれど、この時ばかりは心から悔しかった。
電話線の状態が良くなったら、これまで払った期間の分だけ無料にはできると言われたが、
ネットサービスへ払ったお金も一緒にその期間に振り替えてもらえるか分からないし、
何よりお金を払うことにもう臆病になっていた。信用できない。
なのでその申し出も蹴った。

その時俺は完全にモザンビークに敗北したと思った。
ネット環境という明確な目標があったために、叶わなかったという結果もはっきり残った。

そもそも1,2週間に一度隊員連絡所で自由にネットできるだけ贅沢なのだけれど、
日本で待っている彼女とできるだけまめに連絡を取りたいと願ったばかりに、
この長く苦しい道のりは始まったのだった。

そしてしばしの沈黙をはさんでやってきたチャンス。
なんとvodacomの電波状況が格段に良くなっていることが発覚。
帰国する隊員がネットの契約期間を半年ほど残しているので、
その契約を俺が引き継いで使わせてもらうことにしたのだった。
その手続きも、言われた書類を用意していくとこれが足りないと言われたり、
前そんなこと言ってなかったのにみたいなことを言われたり、
店員の半端な仕事のせいで随分時間と交通費を浪費したものだった。

そしてさらには、パソコンが不調、そして完全活動休止。
ネットの契約移行手続きが済んだ頃には俺のパソコンは電源が入らなくなっていた。
この国はどれだけ俺にネットをさせたくないのだ。

今は事務所のパソコンを借りているけれど、別のを用意しなければならないので
これまた一月分の生活費に相当する出費。
ちょっとお金の無心というか、ドルの手配をせねばならぬというところです。


とまあ、そんな苦労を乗り越えて、晴れて自宅からこのブログが更新できることがすごく嬉しい。
たまにしか更新しないと特別な出来事しか書けないから、正直、隊員活動の紹介としてはリアリティに欠けるなあといつも思っていたから、これからは些細なこともちょこちょこ更新できると嬉しい。

とりあえず俺、よくがんばった。

モザンビーク ~暮らし~ | 17:22:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。