■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ライブ飛び入り参加!
2月22日(日)ライブ参加

演っちゃいました。
ほとんど飛び入りみたいなライブ参加。

週末の夜、バーで生演奏をしている光景ってのは結構あるのだけれど、
そこで演奏しているモザンビーク人アーティストのセルジオと日本大使館の方がお知り合いで、
普段からギター弾き語り+バイオリンで共演しているお二人に、
せっかくだからやってみないかと誘われたのでした。

ちょうどその頃、隊員の妹さんとお友達が日本から遊びに来ていて、
しかも2人ともバイオリンやビオラの奏者ということで俺なんかよりも全然専門的に音楽をやっている人たちだったので、思い出にもなるし一緒に演奏するということに。
(俺一人じゃ不安だったってのも多々ある)

セルジオのバンドと日本大使館の方のバイオリン。息もピッタリ。曲に深みが出る。
Sergio e Ngm3


普段から共演している息ぴったりの上の二人に比べて、こちらは当日ライブが始まってから音合わせを始めたくらいの即席デュオ。
しかも小さな頃からバイオリンとかを習ってる彼らと違って俺は完全に趣味レベルのギター。
年下の彼らを完全に頼りにしながら、妹さんとお友達と一曲ずつ一緒にやりました。

しかしそこはさすがの本格派。
ゆずの「からっぽ」を弾き語る俺に、主旋律やハモりのラインで見事に合わせてくれました。
amasotihikA




間に一曲、ソロでThe Beatlesの「Blackbird」を挟みまして。

3曲目は妹さんと一緒に「北の国から」。
飲んで踊りに来ているお客さんばかりのお店にはちょっとおとなしい曲だったかもしれないけれど、
「シィーーーー」って言って聞こうとしてくれてるお客さんもいたのが嬉しかった。
聴きに来てくれた知り合いの日本人も、モザンのバーで日本の曲が流れてるのっていいなあって、
喜んでくれました。
konatsuko


ただ、人前で歌うことやマイクを使うことに不慣れだった俺がちょっと足を引っ張ってしまって、
なんだか悔しかったのであれからうちでちょくちょく曲の練習するようになりました。

そんな機会があるかわからないけれど、とにかくもっとうまくなりたい。

モザンビーク ~暮らし~ | 08:18:02 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
きた
きた!ブラックバード!先輩らしい。
つか、妹さんが綺麗(笑)
2009-03-04 水 13:58:09 | URL | パーマン洸 [編集]
「あげもち」復活の日も近いのかなぁ。任期もあと半年強になったしね。復活ライブのために練習がんばってしておいてよ~!

写真の中のりゅうちゃんは、たくましくなった気がするv-354
2009-03-04 水 17:23:07 | URL | AYU [編集]
きましたよ
>洸
たった1行ちらっと書いたブラックバードに食いつくとこがさすがやね。
そして小さくぼんやり映ってる妹さんに食いつくとこもさすがやね。

6月から7月にかけて遊びに来てもいいぞー。
もう洸くらいしか来そうな知り合い思いつかないよ。


>AYUさん
あげもち活動は地味に続けてますよー。
何度か送別会で歌わせてもらったりとか(^^)

写真の中の俺は訓練所時代と比べたら、垢が付いたんじゃないかな。
垢抜けたの逆というか、汚くなったというか、老けたというか。

2年の期間を置いて会うのが楽しみですね。
まだ7ヶ月あるけど、すぐそこのような気もしてくる。
2009-03-05 木 01:31:22 | URL | りゅう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。