■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2006年11月1日(水)説明会の話
今回の説明会は18:00から。

前回の説明会は個別相談の前に抜けてしまったので、
OB・OGの方と直接お話することができなかった。

机の配置やOB・OGメンバーに若干の違いはあったものの、
内容は前回とほぼ同じだった
2006年10月22日(日)の説明会の話

ので、展開を知っている俺は余裕しゃくしゃく。
断然、他の参加者より優位に立った気分だぜ(何において?)。

このとき生の声で直接聞きたかったのは、
1.具体的に協力隊に参加するといくら積立金が溜まるのかと、
2.恋人がいるにも関わらず協力隊に参加した体験談。

1の質問については、
なんか高い志と希望を胸に集まってますよー的空気に負けて
お金のことなんか勇気が出せず聞けずじまい。
聞いても全然良かったんだろうけどねい。

2の恋人については、偶然にもYES/NO質問大会の中で
「行くとき日本に恋人がいた?」という、うってつけの質問があったので、
そこで唯一YESと答えていた人に目をつけて個別相談のときに尋ねてみた。

男性の方で、派遣されてからどうなりました?って聞いたら、
なんと淋しいことかあっさりと「いやダメでしょ?」なんて答えられてしまった!

ガビーン(古い)これはこれは全く参考になんねーしちょいショック!
そりゃあなたはすぐダメになっちゃったのかもしんないけどさー、
俺はそういうことを聞きたいんじゃなくて遠距離対策とかさー・・・
とか思っていると、こちらのやる気を削いではまずいと思ったのか、
「でもちゃんと理解を得られてれば、今はネットとかもできるし云々」
とフォローを入れてきてくれたので、大変だなあ推進員も、と思った。

その方は後日、恋人についての質問を含め、試験に関する質問なども、
メールで大変丁寧に詳しく教えてくださり、すごく感謝しています。
でも本音はあの第一声だったんだろうなと思います。
負けてたまるかと思いました。

ちなみに現地で恋人ができたという方も女性で一人だけいて、
なんとそのままゴールインしたそうで、実際いるんだ・・・と驚きました。

後々の話ですが、協力隊に参加していた俺の中学時代の女の先生が、
ネパールの方を連れて帰ってきて結婚したという話もあるので、
そーーーんなに珍しい話ではないのかもしれませんね。


山田耕平さんのCD、「NDIMAKUKHONDA(ディマクコンダ:愛してる)」
がもらえるジャンケン大会は、あっけなく敗退。

けっこうマジで欲しかったのに。


前回の説明会で応募書類をもらって帰っていたので、
いろいろ記入しながら湧いてきた質問も聞くことが出来た。
書類には目を通してから説明会に行く方が、より理解が進む。

この時点で確か健康診断は終えていた→一次試験・健康診断について
けっこう精密な血液検査が必要な上に保険適用外なので1万8千円くらいかかって、
これも後押しというか後に引けない雰囲気作りにはなったと思う。高いぜ。

協力隊応募まで | 00:06:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。