■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
留守家族懇談会に行ってきたよ
留守家族懇談会?

先日、1月10日(日)に県内某所で行われました。
それは、現在派遣されている人の家族のために行われ、JICAの支援体制や隊員の活動を知ってもらうと同時に、安心して帰国を待っていてもらおうという、JICAの家族ケアみたいなものかなと思います。

数日前に帰国したばかりだという隊員の方もいましたが、僕も比較的最近帰ってきた隊員OBなので、現地での活動報告をさせてもらいました。

モザンビークにいる頃からですが、たくさんの人前であいさつや話す機会があるときは、実家の家業の宣伝をするというのが最近の僕の恒例になっています。
思い切って露骨に宣伝すると意外と場がなごむのですよ。

今回もしっかり、活動報告の冒頭で実家の宣伝をさせてもらいました。
すると最後の質問コーナーでは、僕が後を継がないので、じゃあ家業はどうなるのかと、そんな心配までしてもらいました。
ありがたいお話です。

留守家族懇談会は、僕がモザンビークに行っている間に母も出席していたそうで、良かったとかなんとか行っていたような記憶があります。
なので、恩返しじゃないですけど、今現在、日本で帰りを待っている隊員のご家族の不安を少しでも取り除けるようにという思いもあり、参加して帰国報告をさせてもらいました。

やっぱり、待っている側は向こうの様子がわからないから、想像以上に心配してるんだなあと感じました。

ちなみに、改めて僕がいたモザンビークの位置を下の地図でお見せします。
今年サッカーのワールドカップが開催される南アフリカの右上に位置しています。
モザンビークは残念ながら本選出場ならず。

モザンビーク 地図


帰国後のこと | 21:11:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。