■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
広島で宮島のコブクロが
広島に行ってきた。

以前、広島から松山までフェリーで帰ってくるとき、
うっかり寝過ごしてもう一度広島に戻ってから松山に帰ったことがあった。
遠ざかる松山の港を見て、寝過ごせるんや、フェリーって!?
と、まず感動したことをここでみなさんにお知らせいたします。
トータル8時間半の航海となりました。

今回、広島へ行くときのフェリーの乗務員さんがなんと、
その時お世話になった人で恥ずかしかったので、
おバカな俺を覚えてませんようにと伏目がちに乗船券を渡した。
覚えていないようだったけれど、それはそれで淋しいような・・・。
乗務員さーん、おバカな俺ですよーーー(n‘∀‘)ηヤァーッホォー


ところで、日本三景と言えば、
①松島、②天橋立(あまのはしだて)、③安芸の宮島

今回、私りゅうはりょうと③番の宮島に行って来たのである。
広島市内の路面電車に乗ると、それは途中から郊外電車に変身する。
走ること40分そして船で10分。
世界遺産のある島に到着。

現地ではそこそこの数の鹿がお出迎えしてくれて、
しかせんべいを持っている観光客に襲い掛かる!!
(写真:THE凶暴な鹿から間一髪逃げ延びた右端の俺!) 鹿の群と俺

鹿は歩いていても食べていても突然ウ○コをし始めるのだが、
その○ンコのしっぷりがプリプリのポロポロで、まあるいコロコロしたウン○を
それはもうプリップリポロッポロ落としまくる様がカワイくてカワイくて、
ホントはそれを撮影したかった。。。動画で。


そして風情ある小さなお土産街を通り抜けると、
いよいよあの有名な朱色の回廊が現れるのであった。
宮島の回廊


そして。

台風かなんかで傷んだ箇所は全て修復済みだったのか、
回廊はとってもきれいでガイジンもびゅーでぃふぉー言うてました。
んで背が高いので梁で頭ぶつけてはりました。

潮が引いているときは大鳥居まで歩いていけるので、
俺もちょっと行って来た。
(写真:THE引き潮の大鳥居と俺!!)
大鳥居と俺



映画『男たちの大和』で、
蒼井優が厳島神社で買ってきたというお守りをもらった若い兵隊さんが、
戦争から無事に帰ってきたことにあやかって、
俺もモザンに行くにあたってりょうにお守りをもらうことにした。

あと厳島神社のおみくじは厳しいとの評判だったけど、
旅立つ俺にはきっと優しいだろうと引いてみたけど甘かった。
・・・・・・・・・凶・・・・・・ノーコメンツ。




夕方からはお待ちかね、コブクロのライブin広島へ!!
アーティストのライブに行くのは4年半ぶり。
ポール・マッカートニーを見に行って以来だけれども。
生コブクロは最高でした。

全身で好きな音楽を浴びるというのはとてもエキサイティングで、
彼らと自分の間に何も隔てるものがないということが
なかなか信じられずにおりました。

そしてこれだけたくさんの人が集まって気持ちを共有する素晴らしさと
それをする力があるアーティストを尊敬して止みませんでした。
しばらく行けないけれど、帰ってきたらまた行こうっと。


朝寝坊&宮島で時間を使いすぎて、
コブクロのツアーグッズはストラップしか買えませんでした。
(写真:THEストラップと生と俺!!!)
ストラップと俺

↑↑↑広島の生ビールはとても大きくて飲みきるのも一苦労!(おバカ)
広島はつけ麺も盛んなのかな?
ピリ辛なタレに冷やし中華みたいなものをつけて食べる麺。
3枚目の写真はつけ麺屋さんにて。


思ったこといろいろ | 17:41:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。