■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Xジャイロを作ってみた
xjairo参考写真
Xジャイロとは、飛行遊具の一種です(参考写真↑)
要するに投げて飛ばして遊ぶおもちゃなのですが、
こちらのサイトを見れば一発で理解していただけるはず↓↓↓
http://www.rangsjapan.co.jp/order/item.cgi?item_id=XZ01&ctg_id=XZ&page=1

先日大阪に行ったときに東急ハンズでこのXジャイロを見つけました。
すごくなんでもない作りで、簡単に作れそうだったので作ってみました。

材料:ペットボトル(500mlで円筒形の角が無いもの)、ビニールテープ
道具:カッター、ハサミ、油性マジック

xjairo1

透明なので写真では分かりにくいかもしれませんが、
市販のものと同じく波形は5つです。

後から調べたことによると、波形が5つである必要は無いようです。
500mlのペットボトルではXジャイロより直径も小さいので、
波形は3つくらいがやりやすいです。

xjairo2
上の写真のように、適当な厚さの本を重ねた上に油性マジックを寝かせ、
ペットボトルを回すと等高線が簡単に引けます。

平らな方が進行方向になるわけですが、
そちらに重さがないとまっすぐスーッと飛びません。
ので、写真のように、ビニールテープを貼り重ねて重さを出します。
xjairo3
2,3重に貼っただけではヘニャヘニャで全くキレイに飛びません。
5~7重くらい貼ったらある程度は飛ぶようになります。
それ以上貼ったことがないですが、もしかしたらもっと重いほうがいいかも。
xjairo4
外側にグルリとテープを巻きつけるとき、気持ちテープを引っ張って伸ばしながら貼ると、
外側よりも1周が短い内側にもシワができないように貼れます。
しかし引っ張りすぎると内側のテープが浮いてしまうので、
引っ張るのはほんの気持ち程度です。

作るポイントとしては、直径よりも筒高を小さくすることです。
直径:筒高が、4:3もしくは3:2くらいが良いみたいです。
写真に載っているものはそのことを知る前に作った試作品で、
筒高が長すぎてものすごい弧を描いて曲がりました。

波形を切るのもテープを貼るのも、丼勘定というか目検討というか、
言ってみればテキトーです。
それでもそれなりのものはできました。

早速この日の夜、フットサルをしに集まったチームのみんなにお披露目すると、
なかなか好評でキャッキャ言うてしばらく遊べました。

今度は1.5ℓのペットボトルで、まっすぐ飛ぶものを
丁寧に作ってみたいと思いました。

それと、材料がペットボトルとビニテだけというのは魅力的です。
モザンビークでも作れるんじゃないかと密かにネタとして暖めておきます。
ブログに公開してるのに密かにも何もあったもんじゃないですが。

未分類 | 01:56:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。