■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
防災
7月13日(金) 曇り時々雨 国旗:中華人民共和国

この日は雨が降ってなかったので、朝の集会前に外に走りに行きました。
起きたのは6時過ぎ、着替えて出たのが6時半くらいです。
しかし坂ばかりであまり走るのに向いているコースではなさそうでした。
一応軽く走ってると、すでにテニスをやり終えたみたいな集団と遭遇して、一体何時に起きたのか、みんな元気だなあと思いました。


今日の語学は午前中のみ。
それでも覚えたいことはたくさんで、それが頭からこぼれ落ちないように早く定着させたいです。
ポルトガル語。

クラスは6人。
積極的な発言や質問で、密度の濃い、良い雰囲気が漂っていると思います。
夜も談話室に集まって宿題をしながらポル語を喋る機会を作りました。


午後は体力維持講座。
なんとラジオ体操のおじさんがきてくれました!
「腕をー前から上に上げてーーー背伸びの運動ーーー」って言ってる人です。
ほんでストレッチとかレクリエーション的な運動とかいろいろ教えてくれて、
体中の筋がほぐれてめっちゃ動けるようになった気がしました。
準備体操は奥が深いです。

それから消防訓練。
語学の部屋から外まで非難します。
自衛消防委員の初期消火係りになった俺は、消火器で火を消す訓練。
日本語とポルトガル語で火事を知らせる言葉を叫び、瞬く間に鎮火させました。

あとは放水訓練とオリローでのはしごを降りる訓練がありましたが、途中雨が降ったりして早めに切り上げられました。

夕食のあと体育館に行ったら、一緒に行った人と二人だけしかいなくて、暗い体育館の電気をつけてバスケとか練習して、電気を消して帰ってきました。
この日から語学の課題なんかが出始めたのでみんな勉強してるんでしょうか。
風呂にもポツポツとしかいませんでした。

風呂は大きめの浴場が一つ。
石鹸等は持参ですが、居室フロアに以前の候補生が残してくれていて、それを使うことも出来ます。
でもけんかになるといけないので自分の分は自分で持ってくるのが無難ですね。
インスタントコーヒーや、アイロンがけ用のシワのばしスプレーもありました。

最初に書いてある「国旗」っていうのは、朝の集いのときに日替わりで掲揚される国旗の国の名前です。

未分類 | 17:24:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。