■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2度目の週末。
7月21日(土=SÁBADO) 曇り時々雨=NUBLAD,CHUVA 国旗:タイ

この日は夜に班の飲み会があるので、それを目指して一週間の最後を乗り切りました。

語学は午前中だけです。

午後からは救急法の講座で、なんと4時間もありました。
講師の方からするとたった4時間なのですが、それは終わってみてよく分かりました。

心肺蘇生の方法や応急手当の方法を今までも何度か教わったことはありましたが、
日本に居る限りは救急車がすぐ来てくれるしキレイな水も医薬品もすぐに手に入るので、
あまり自分の身において真剣に考えるということはありませんでした。
しかし自分がこれから発展途上国へ行くのだと考えると、真剣にならざるをえません。

時折セクハラ発言や倫理観にかける冗談をおっしゃることもありましたが(ご愛嬌)、
応急処置のやりかたや持っておくと良い物などを教えてくれた講師の方に、
心から感謝しながら講座を終えました。

空きっ腹に酒は良くないだろうと、晩御飯を軽く食べてから飲みに行きます。
軽くのつもりがこの日は麻婆豆腐。否応無しに食が進みます。少しだけ食べ過ぎました。

この近所の居酒屋さんは候補生向けのサービスがちゃんとしていて、送迎つきです。
場所も店も限られるので、当然というか他にも2つの班が飲み会をしてましたが交流にはちょうど良かったかな。
久しぶりのビールに感動しました。

この飲み会の場にもけん玉を持って行き、たまにやってはキャッキャ言うてはしゃいでました。

そこそこ飲んだせいもあってか、帰ってから班の人と熱いトークを展開してしまって、
風呂入って出て歯みがきして洗面所でもずっと、消灯時間を過ぎて見回りの警備員に注意されるまで、
1時間半くらい語り続けました。互いの意見を理解しながらも認めきれない語らい。
同じ日本人同士ですらこれかよ、と、2人で苦笑いしました。
酒の力でしょうか。

その後、りょうと電話しながら半分寝てしまったので呆れられて電話終了。

NTC二本松訓練所 | 16:57:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。