■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最近のこと

8月23日(木)
6時半起床。7時から朝の集いとラジオ体操。
起きたときは何もなかったのに、午後になってから急に寝違えたように首筋が痛くなった。
あまりまともに振り向けないので、姿勢をめっちゃよく一日を過ごすこととなった。
午後の授業はJICAの新人研修員2人が一緒に受けることになった。
2人は27歳と23歳くらいでどちらも新卒。
JICAの正社員とあって、キャリア組のような雰囲気を感じた。
夜、首筋の痛みを気にせずフットサルに参加したら、バントマンの進撃を阻止したときにビキッと筋を痛め、ほんとに痛くて起きたり寝たりする行動にすら辛さを感じるようになった。
半身不随で派遣中止かとさえ思った。

8月24日(金)
この日は所外活動。
起きたときから前日の首筋から背中にかけての痛みがあまり引いておらず、
2日後にせまるフットサル大会とあだたら登山に暗雲たちこめるかとも思われたので、
よその班の理学療法士に相談したら、来てくれたらいつでも診てあげるとのことで心が楽になった。

所外活動はまたまた知的障害者更生施設。
前回より短かったのであっという間に感じられた部分もあった。
そういえばお散歩中に2回もイーーーッ!て腕をつねられて、悲しかった。
何が気に食わなくて何を訴えたくてあんなことをしたんだろう。
きっとわからないままなんだ。

8月25日(土=SABADO) 晴れ 国旗:ベトナム
盆踊りの日。
訓練所で昼食中にいきなり岳温泉の旅館の女将がきて、盆踊りの参加者を募るとの事で喋り始めた。
けど当日の昼になっていきなりどうでっかーなんてきても遅すぎるよね。
けど俺は行くことにしたよ。
夜店なんかもあって思わぬところで夏満喫な雰囲気に出会うことが出来た。

夜はあげもちのライブに向けて練習。
ライブは28日です。

未分類 | 21:55:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。