■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第3回あげもちライブ!
9月4日(火) 晴れ 国旗:なんだっけ

前回の超ド緊張だった第2回あげもちライブ in C棟談話室から、
ちょうど一週間のこの日。

今度はなんと、お昼休みのエントランスロビーでやりました。
スタッフの方の計らいでそのような日時になったんやけど、火曜日は出張販売の文具屋さんやクリーニング屋さんや写真屋さんがロビーに来ているので、今回は聞いている人すべてが聞きに来てくれている人ではない、言わばアウェイのライブでした。

今回はネクタイにジャケットにめがねで衣装をそろえてみたんやけど、あとからその様子を映像で見てみたら普通にサラリーマンかなんかみたいやったよ。
でもいいですよね。

あ。ライブは白潟さんのでっかい地球儀を背にやったよ(→家族のみんなへ)

今回は聞きに来てくれた方だけじゃなく、スタッフの方や出張販売に買い物に来た人もいたので、前回より規模の大きなものになった気がします。

気がするというのは、やっぱり緊張していて、周りが見えているようで全く見えていないからよく分からないという意味です。

でも今回も来場者の方にすごく盛り上げていただいて、すごく楽しい演奏をさせてもらって感動しました。
汗ダーダーでもジャケット着て演奏した甲斐がありました。

そして終わったらすぐにお昼の語学放送。
ポルトガル語クラスはみんなで分担して考えた文章をつなげたので、普通に読んだら規定の1分をはるかにこえる長さでした。
それをひたすら読み込んで早口で読めるようになったものの、2分20秒。

練習の甲斐あって、ポルトガル人かと思われるほど早口で読めました。
また画像が入ったらアップできたらと思います。

NTC二本松訓練所 | 08:15:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。