■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
訓練終了!!
更新がしばらく滞ってしまいました。
待っていて下さった方、本当にごめんなさい。
訓練終盤は本当にやることが盛り沢山で、夜11時の消灯とともにネット通信が切断されてしまう訓練所の状況では、更新するタイミングがどうしても見つかりませんでした。
やること沢山ということはブログに載せたいこともたくさんだったのに。


去る2007年9月13日(木)。
65日間の訓練を終了した僕は、晴れて候補生から隊員になりました。
修了式の時、代表で福島県からの記念品を受け取る役を仰せつかったのですが、
その時も、「○○候補生」ではなく「○○隊員!」と呼ばれ壇上に上がり、
少し感慨深いものがありました。

ここでそれまでのことを少し振り返っておこうと思います。


7日は語学の最終テストがありました。
聞き取り、筆記、会話の3種類の試験で6割以上取らなければなりません。
ポルトガル語テストの難易度は、クラスの人と話した感じでは英検で言うと2級レベル。
自分たちの実力は3級レベルといった感じの手ごたえでした。
こりゃやべえなと思いつつも全員パス!
ビバ。
そして地球ステージという、歌と映像で途上国の状況なんかを表現している方のステージがありました。

8日には「青遺海(あおいうみ)の会」の方のお話を聞きました。
協力隊活動中に亡くなられた方の遺族によって作られた会です。
御遺族の悲しい想いを聞いて涙が止まりませんでした。
8、9日は訓練生活最後の週末で、ほとんどの班が最後の飲み会をお泊りで企画していました。
ちなみに試験にパスしなければ週末は再試験で外出禁止でした。
語学試験が終わっても12日には訓練言語によるプレゼンがあるので大変な人は大変なまま飲みに行くことになります。
僕はプレゼンの準備もいまいちでしたが、あげもちのライブ関係の準備が忙しく、3時間の飲み会に開始後2時間半経ってから行きました。
ですがお泊りなのでその後でも十分楽しめました。

9日は昼から第2回のソフトボール大会を企画していたので、泊まっていた旅館から早々に引き上げてソフトの準備をしました。
今回は1試合目ボコスカ打たれまくり、チームのみんなには申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
しかし2試合目の対スタッフチーム戦ではなかなか調子がよく、第一回ソフト大会の発案者である野球経験スタッフとも緊張感のある勝負が出来て楽しかったです。

終わったらすぐにあげもちの相方とともにスーツにネクタイでお出かけし、郡山まで路上ライブをしに行ってきました。
隊員の歴史で、訓練所でライブをした人は沢山いても、路上ライブに行った人はいないだろうと言いながら。
修行のつもりで行ったのですが、正直厳しい修行でした。
誰も聞いてくれないことのむなしさと、たまに聞いてくれた人のありがたさ。
そしていつも応援してくれる人に囲まれているNTCでのライブは、本当に本当に恵まれた環境なんだと実感することができました。
行って良かったと思いました。
あげもちの活動としては大成功です。
夜は皆が集まる温泉街で焼き鳥とビールを少し楽しんで帰りました。

10日月曜日は特別行事。
東宮御所まで皇太子様との御接見。
朝6時半から夜9時半まで全員でバスに乗り込んで東京へ。
僕は直接皇太子様と言葉を交わすことは出来ませんでしたが、普通の人が入れない場所へ入って、できないことをしてきたという特別感がありました。

11日、プレゼンの準備と、翌日のあげもちライブの準備、そして荷造りに追われ、この日の夜は一睡もしていません。
ベッドにのけぞったまま意識が飛んだ時間が10分ほどあるので、正確には一睡だけしています。

12日、プレゼンは覚えて喋ることができず、原稿を読むような形になりました。
工夫も足りず心残りでしたが、あげもちと荷造りを優先した結果なので仕方がありません。
準備の段取りの悪さが露呈しました。
本当に残念だったのは、徹夜だったため他の人のプレゼンを集中して聞いてあげられなかったことです。
何度も飛びそうになる意識を現実にとどめることで精一杯でした。
そして夜のあげもち最終ライブ。
飲み会がある人でも来てもらえる様に点呼前の30分に時間を合わせたのですが、酔っ払いだらけで前半は異様な雰囲気でした。
でも後半はすごく気持ちのこもった演奏ができ、歌が歌え、聞いてもらえて、みんなにも歌ってもらえて、締めくくりとしては満足なライブでした。


こんなにかいつまんで書きたくないことばかりなのですが、一部は仕方がないです。
改めて書きたいことはまた書きます。

ちなみに、このブログでは途中から勉強のことをあまり書いていないがちゃんと勉強はしているのかという指摘がありましたが、毎日5時間の授業が週6で行われていたので、一応勉強もしていたよと言っていいですよね。

こんな感じの1週間でした。
NTC二本松訓練所 | 12:09:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。