■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遅ればせながら、モザンビークより
9月24日(月)

松山空港にて。
りょうと一旦2年間のお別れ。
屋上で離陸を見てくれてるというりょうを飛行機の中から一生懸命探したけど、小さすぎて人影かどうかも見分けられないくらいだった。
けど確かに俺の視線の先に居たことは確かです。

成田空港。
この日は隊員出国ラッシュ3日間の2日目で、この日出発の人、翌日出発の人が成田に集まって、たくさんの仲間と会えました。
やっぱりどっか感情のネジが飛んでいるのか、仲間との別れはほとんど淋しくも悲しくも無かった。
ただただ、2年間日本を離れることに実感を持てないまま、飛行機のタイヤはあっさりと地面を離れ空へ飛び上がった。

「ただ未来へと夢をのせて」

香港での乗り換え。
南部アフリカ行きの隊員が50人近く一緒に行動しているので、気も大きくなりがちだし頼れる人がたくさんいるので不安も無い。

マイレージもしっかり溜めた。
機内食は日本時間で夜中の2時。
南アに着くまでに機内食が3回くらいあって、食べてばかりの気分だった。
飛行機の中の日の出
南ア行きの飛行機の中での日の出。

飛行機の中のリモコン
ゲームが出来たり買い物が出来たり電話が出来たりする、金持ち向けオプションつきリモコン。

南アの空港を上空から
上空から見た南アフリカの空港。
南アはアフリカといえども先進国。
どのくらい先進国かというと、心臓移植手術を世界で最初にしたというほど(不確かな情報)。
なので空港もめっちゃきれいやし物もたくさんです。

25日早朝6時半頃。南アで最初のお別れ。
南アに入国する南ア隊、ボツワナ隊、ナミビア隊とはこれから2年間姿を見ることは無い。
2年分の握手や抱擁なんてどうすればいいのかわからないけど、少し強めに握手をして、笑顔でお別れした。

モザン隊は南アの空港で次の便まで7時間待ち。
うろちょろしているうちにマラウイ隊12人が出発ゲートに向かった。
それはザンビア隊と一緒に見送ったから良かったけど、次にザンビア隊19人を見送ったら残ったのはモザンの6人だけ。
これはさすがに一抹の寂しさを覚えた。
でも南アの空港はめちゃめちゃキレイで、レストランのごはんも飲物も美味しいし、全然これから発展途上国に行くという気がしなかった。
マプト行きの掲示板
やっと表示された俺らが乗る飛行機の時間。
朝6時半から13時50分の飛行機を待つ。
モザンビークの首都はマプト。

本当は9時台に接続のいい便があったのだけれど、それはスルーする。
後で聞いた話によると、あまりスムーズに乗り換えてしまうと荷物の積み替えに余裕が無くなって、預けた荷物が届かないことがあるかららしい。

いよいよ出発ゲートで搭乗を待つモザン隊に緊張が走る。南アで会いマスク

13時50分発の飛行機でいよいよモザンビークはマプトへ。
マプトの空港は小さくてボロくてとても首都の国際空港には見えなかった。
入国審査も適当で、後で聞いた話しによると公人用のゲートもあったんだけどあんまり来ないから閉鎖されてて、せっかくのオフィシャルパスポートも意味なし。
しかも超無愛想な空港職員に荷物をチェックされかけて、その態度にカチンと来た。

オフィシャルパスポートを見せても末端の職員にはそれがどういう意味をするのか分からないことが多いらしく、普通にチェックしようとしていた。
そこへ変な邦人のおじさんが助けに来たと思ったら、その人がとうやらJICAの職員の方で、その人が流暢なポルトガル語で職員に話をし、中身をチェックされたり引き止められたりすることもなく空港を出ることが出来た。

理不尽なことや間違ったことが、組織力の弱さから末端の独断によって当たり前にまかり通ってしまうことがある、そんな場所に来たんだなあという実感。

空港を出ても当然黒人ばかりで、しかも荷物を運ぶのを手伝ってチップをもらおうとする人が群がってきてちょっと引いた。
しかもJICAが雇ったシャパに荷物を積んで、スタッフの人は別の車でホテルまで行くんやけど、同乗したタクシー運転手のパートナーと、チップ目当ての物乞いの区別が付かず、この人一緒にシャパに乗ってるけど大丈夫なの?ってことすら疑える状況。
シャパとはタウンエースのボロイやつをモザンで乗り合いバスやタクシーとして使ってる奴。
外には荒廃した街や裸足で走り回る子供たち、物を売るおばさんたち、たくさん詰まれた車のタイヤ、車のマフラーを木の枝のように刺しまくってアートみたいな感じになってるもの、そういうものがたくさん目に入ってきて、処理しきれなかった。
マプト少し都会っぽい写真
マプトは南部アフリカの途上国ではなかなかのレベルの都会。

マプト市路中
しかしインフラ整備はやはり先進国を思い描いてから見るとかなりギャップがある。

マプト郊外土嚢
裸足の子供がかけまわり、崩れかけのブロック塀に囲まれたような家に住んでたりする。

マプト郊外川べり
壁にはいろいろ広告がペイントしてあって、コカコーラは多い。でも一番多いのはmCelという携帯電話のメーカー。
街にはどこにでも看板と、プリペイドなのでカードの売り子がいる。

マプト郊外マフラー売り
どっかから良くない方法で調達してきたかもしれない車のマフラーを、まるで木の枝のオブジェのようにぶっ刺してある。
売っているのでしょうか。

まだ俺にとって黒人達の貧しい町並みはテレビの中の世界で、その中にいきなり引きずり込まれたような心持だった。
できればもっと自分のペースでゆっくり溶け込みたかったが、マプトの中心部にあるホテル「Vila das Mangas」まで一気に連れて行かれ、さらにJICAの現地スタッフのラウルさんにJICAの車で事務所まで連れて行ってもらうが、その時は黒人が誰一人信用できず、全員に警戒心むき出しだった。
つまりまわりみんな怖かった。

事務所でオリエンテーションを受け、支給されたNOKIAの携帯電話を受けとる。

事務所のあるビルはPOLANAショッピングセンターというキレイなビルで、エレベーターがきちんと機能しているのはこのビルくらいのものらしい。
他の建物はポルトガル領時代からあるものばかりで、街のほとんどが30年から40年も前のものがそのまま残っているらしい。
空港も例外ではなく、その当時からしたらどれも最新のスバラシイ建物ばかりだったのだろう。
今はそれが荒廃したり内戦の傷跡でボロボロになっているだけで、新しく建つことはほぼ無さそうだった。

スタッフに連れられて事務所の向かいのハンバーガー屋でこの日の晩御飯を調達。
ショッピングセンター内のスーパーで水なんかも買って、ホテルでモザン最初の晩餐。

事務所やホテルのある24 de Julho通りはマプトでも一番の目抜き通りだが、日本から持ってきたsoftbankの携帯がずっと圏外。
訴えてやる。

マプトでの首都研修期間 | 05:42:29 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
なかなかすばらしい国でなによりです。
2年間の変化が楽しみやね。
ともかく、お互い成長やな!
2007-10-03 水 16:36:37 | URL | ryokky [編集]
とうとう行ったのねん。
健闘を祈るのみです。
2007-10-03 水 18:03:18 | URL | きむです。 [編集]
とうとう到着ですね☆
初コメですww
到着したんですね~!!

ブログ楽しみにしてます~♪
体に気をつけてがんばってくださいね!!
2007-10-03 水 23:01:36 | URL | 社長 [編集]
ありがとやんした!
>ryokky
なかなかすばらしい国だよ、モザンビークは。
もう町並みにはすっかり慣れてしまって、自分たちのこと棚に上げて黒人以外の人種を見ると「珍しいな」なんて思ったり。
今日は6人中3人があげもちTシャツを着てたよ(笑)

>きむさん
コメントありがとうございます。
行っちゃってますΣr(‘Д‘n)
健康第一、安全第一でがんばります。

>社長
コメントありがとーーー社長!
すぐ上に「健康第一」とか書きながら、すでに一度腹を下しました。
たまに覗いてみてね。
2007-10-04 木 03:46:48 | URL | りゅう [編集]
なんとまあ遠い所まで行ってしまったのですね。我々はただただ無事を祈っております。

僕は仕事を辞めました。
旅がしたいわぁ…
2007-10-04 木 23:30:32 | URL | M-Ken [編集]
うを!M-Kenさん、ついに辞めはったんすか!
ついに自由人やね、これから何でもできるぜ。
四国八十八箇所巡りなんてどうかな。

コメントありがとね、とりあえず無事です。
そして必ず無事帰ってくるよ。
2007-10-06 土 03:57:25 | URL | りゅう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。