■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
窯出し
9月15日(月)窯出し!

午後、窯が日陰に入ってくる16時くらいから窯出しをした。
生徒を何人か呼び集め、窯表面の土を落とし始める。
陶芸の中で一番ワクワクする瞬間だと思われる。
1.kamadasi1 2.kamadasi2 3.kamadasi3
側面のブロックを取っていくと、中から焼く前とは違う色の作品たちが顔を出す。
やはり密集して詰めすぎというか、炎の通り道が足りなかったかもしれない。

4.kamadasi4 5.kamadasi5 6.kamadasi6
窯の概観からすると、思ったよりたくさんの作品が焼けたと思う。
写真6.の自分の作品が爆発した。

7.kamadasi7 8.kamadasi9
左馬も素焼きはできた。
写真8.は色見穴から取り出したテストピース。
中心部はまだ十分に素焼きできていない。

窯出しを終えて。
予想と違ったことは、まず思ったより作品が全体的に崩れてはいないということ。
あまりにポンポンと爆発音がしていたので、もうぐしゃぐしゃに崩れ落ちていてもおかしくないと想像していたんだけれど、爆発は局部的なものがほとんどで、崩れたとしてもズルッずれたくらいのもんで、全部が崩れたわけではなかった。
そのため、崩れて煙道をふさいだから煙突から火が出なかったという説が消えた。
その代わり、

・崩れる以前に作品の詰め方が悪かった。
・詰め方云々よりも窯の構造に問題がある。

という二つの説が浮上した。

そしてもう一つ予想と違ったことは、全然すすけてなかったということ。
焼成中、下の色見穴から取り出した色見用ピースは完全に真っ黒で、炭が吸着しまくっていたのだ。
そしてある程度薪を詰めてから窯を塞いだから、てっきり中身は一酸化炭素が充満して簡単に黒陶ができてしまうんじゃないかなんて予想していた。
それどころか思ったよりもずっと肌の色は明るく、赤土よりも色がかなり薄い印象だった。
素焼きはどうしても未完成、途中段階という風に見えてならず、生の時よりもインパクトダウンだ。

 作品は崩れてないとは言え、完全な状態で出てきたものはほとんど無かった。
写真6.の俺の作品も、割れ方からして火をまともに浴びて早い段階で爆発したといった感じだった。場所も最下部に空けた穴の真上で、火をまともに浴びる位置にあった。

結局、何から改善すればいいのか分からない。
煙突がまずいのか、詰め方がまずいのか、焚き方がまずいのか、燃料がまずいのか。
その中のいくつか、または全部が原因かもしれない。
ひとつひとつつぶしていくには、最低でもその理由の回数だけ窯を焚いて見なければ分からないのかもしれない。
帰るまでにあと何回窯が焚けるだろう。

焼けたコップに水を入れてみると、よく吸い込んだ上に外に水がにじみ出てきた。
温度は素焼きの域を全く出ていない。
これ窯で何を作るのか、もう少し絞って考えないと。

本当はやりたくないけれど、過去にあった作品のように焼きあがった作品をペンキで塗るようなことをしないと、この作品たちでは地味すぎる。
とりあえず、派手なデコレーションの大きなものの制作をする。

モザンビーク ~隊員活動~ | 08:18:53 | Trackback(0) | Comments(0)
初窯~あえなく爆発~一応の区切り
窯詰め2 窯詰め1
1.窯詰めの様子             2.ごてごての中身

窯詰め3 窯詰め4
3.もうちょっと                4.暗くなって窯詰め終了

窯詰め5 守り神
5.色見穴           6.守り神

cavalo_esquerdo 窯焚き前
7.左馬                     8.薪も準備万端

champanha イナグラサゥン2
9.セレモニーでシャンパン        10.成功を祈って

fogo_lindo 酸素不足
11.美しい炎                 12.酸素を欲しがる火
窯焚き終了  13.終了

9月10日(水) 無茶な窯詰め

完成したのかどうか分からないような窯のまま、一応窯焚き予定日の前日に窯詰め。
午前中の授業で、窯詰め手伝いに来てねって言ったらたくさんの生徒が行くよって答えたのに、
例によって一人も来ず。
寮の部屋を訪ね歩いて人手を探すも、結局2,3人。

窯詰めは段組をするような棚板、つく、と呼ばれるものも無いために、写真2のようにゴテゴテと積み上げるしかない。
これもかなり急いできわどい詰み方をしたので、後々命取りになったと思われる。
煙道もふさいでしまったかもしれない。

そう言えば大学のガス窯の上には神様が置いてあった。
この日たまたま生徒が遊びで作った犬かライオンかの置物を神様に任命し、
窯のアーチの上に据えた。(写真6)

げんをかつぐということで言えば、初窯には左馬(ひだりうま)というものを入れる習わしがある。
馬という漢字を左右対称に書いたものを入れるのが、縁起がいいとされている。(写真7)
その起源を改めて調べてみたら、「馬」を左右対称に書くのは「まう」ということになり、
「舞う」などの縁起のいい言葉になるかららしい。
詳しい説明の書いてあるページのリンクを貼っておきます。
http://ma-chin.blog.so-net.ne.jp/2006-10-25

ちなみに写真7の左馬の茶碗は、窯焚き当日までに派手にS字割れしてしまった。
原因は技術不足もあるかもしれないけれど、土のコンディションが悪いということも言わせてください。
ワラが混じってたり石コロが混じってたりして、そこから亀裂が入ったりもしてるので。
土の準備含めて技術不足とも言える訳だけれど。
割れても一応窯には入れました。


写真8の薪は、もとは生徒の作った椅子でした。
同僚の計画的な授業により、生徒は椅子を作る課題で自分で木を取ってこなければなりません。
大抵はできの悪い椅子で、薪としてリサイクルされます。

お話はまだまだ続きます。

続きを読む >>
モザンビーク ~隊員活動~ | 17:46:14 | Trackback(0) | Comments(2)
最近の窯の様子と温度計ヘルプ
先々週から結構本気で急ぎ始めたので、窯作り状況は随分進歩した。
今週には形は完成すると思う。

forno080828
思ったよりも大きくなってしまって、焚くのが不安。

Obra080828
最近作ったつぼ。
奥に見える生徒が作ったものに比べて格段に重かった。
ショック。
次はもっと軽いのを。

ondokei
パイロメーターの中身。
実はこれスイッチが入らなくて困っています。
電池がどこなのかもわからないし。
ヒューズが飛んでいるのかもという説がありますが、
これがどういう仕組みなのかがいまいちわからなくて、
もうすぐ窯を焚くから使いたいのに、肝心なときに使えないかも。
ぱっと見で何もかもわかる人いないかな。

モザンビーク ~隊員活動~ | 15:20:03 | Trackback(0) | Comments(3)
原爆についてのプレゼンをした8月6日のこと
8月6日(水)原爆プレゼン

彼女が広島の、原爆ドームや原爆投下時の目印だった橋の目と鼻の先に住んでいる。
俺が来る以前うちの学校にいた先輩隊員が、原爆についてのプレゼンをしていたことをブログで知っていた。

俺もしたいなー、するんだろうなーってなんとなく、日本にいる頃から思っていた。
やっぱりなんとなくでも思い続けていると現実になるもんで、しかも8月6日はどんぴしゃで生徒みんな午後の授業が無い日。

なのでやりました。
ヒロシマのことを中心に戦争と原子爆弾によって引き起こされた悲惨な歴史についてのプレゼン。

しかしギリギリマンの俺は準備ができていないのに前日も寝てしまって、朝の時点で資料や台本がほとんど詰められてないまま、朝礼にのときにプレゼンのことを宣伝した。

アモース教頭が俺の告知を補足してくれた。
俺の告知だけじゃ不十分だったろうから、とても助かった。

今日唯一の午前中の授業も、申し訳ないけど同僚にまかせてプレゼンの準備したおかげで、なんとか余裕を持って原稿を仕上げられた。
昼ごはんは抜いて(余裕持ってないじゃん)講堂でプロジェクタのセッティングをした。
ネクタイもした。

13時55分ちょうどに集合するようになっていたのだけれど、思いのほか時間通りに集まってくれた。
朝礼のとき、アモース教頭がしつこく時間に遅れないように来なさいと言い聞かせてくれたおかげかもしれない。
協力者の存在っていうのはすごく重要だ。
ただそのアモース教頭は結構遅れて来た。
genbaku1プロジェクタとパソコンとセッティングして。

genbaku2難解な文章は生徒に読ませて。

genbaku3聞いてくれてるみたい。

プレゼンはなんとか。
反応は正直わからないけど、興味を持って聞いてくれていたと思う。
ネットで落とした爆発の再現映像は、迫力があるので食いついていた。

戦争の悲惨な過去と関連させて伝えたかったことは、過ちを認め、反省してこそ前進できるということ。
以前の日記でも、謝らない、非を認めない、ゆえに進歩がないということを書いたけれど、
その辺の思いは、言いはしたけど多分まったく伝わってないと思う。
準備が足りなかった。

熱心に質問に来てくれる生徒もいたし、ノートを持ってきてメモを取っている生徒もたくさんいて嬉しかった。
ただ、先生たちへの宣伝が不十分だったので、ちょっと残念だった。
知らずに来れなかった先生たちに、見たかったのにって残念がられて申し訳なかった。

もう発表原稿はできてるわけだし(先輩たちのをかなり流用したけど)、
来年はもっとしっかり。

モザンビーク ~隊員活動~ | 07:46:12 | Trackback(0) | Comments(4)
窯を作ろう・其の2~前の窯を崩しちゃう~
俺への要請内容の一つに、陶芸用の窯の建築というものがあった。

2007年初頭に、マトラという街の学校のロベルトが手伝いに来て作ってくれた窯。
写真2段目右の左がロベルト、右が俺の同僚のマルティンシュ。
この窯は俺が赴任したときにはすでに雨のせいで崩れてしまっていた。

ので、新しいのを作るために今回完全に崩した。

旧窯を壊す


そして次に作りたい窯のラフスケッチがこれ。右奥が焚口。
窯図面うしろ

実寸はもっと検討の余地あり。
正直不安ですが、楽しくもあります。

今の進度がこれ。
作り始めた窯

中心のアーチを作っているところ。
半円の板の上に煉瓦を置いていき、砂と砕いた煉瓦を混ぜた土で接着していく、
半円の板は学校の大工さんに言って作ってもらった。2枚。

経過は追い追いお知らせできたらと思います。
願わくば言いお知らせばかりを。

モザンビーク ~隊員活動~ | 21:11:16 | Trackback(0) | Comments(1)
窯を作ろう・其の1~レンガ~
窯を作るためにレンガを買いに行った。

任地から北へ1時間ほどいってパルメイラというところを越えて「2月何日」とかいう地名のとこ。

土堀煉瓦会社

地面を掘って土を採って、こねて型にはめて煉瓦をたくさん作る。【右上】
もう焼いてある素焼きのレン【左上】

煉瓦会社の窯

【左上】同僚のマルティンシュと、煉瓦屋さんの窯。
【中上】その窯の裏っかわ。詰め込み口一杯に素焼きされた煉瓦が覗いている。
【右上】もうぎっしり。大きさによって、2000~3000個の煉瓦が一度に焼けるらしい。
【左下】焚口から焼成室の天井を覗いたところ。
【中下】煉瓦屋さんで働く人。筋肉ムキムキ。
【右下】窯の焚口。

煉瓦作り

型で煉瓦を作っているところ。
型の中に土をたたきつけるように詰め込んで、上の面と下の面の土をワイヤーで切ってそろえたら、中に通してある棒を抜いて型枠を外せばブロックの出来上がり。

乾燥中にも形が歪まないようにちょっと板を押し当てたり、頃合をみて裏っ返したり、強度や収縮の具合を考えて砂を混ぜていたりと、土の性質をよく知り、長年やっているんだなあと実感させられる様子を見て取ることができた。

モザンビーク ~隊員活動~ | 20:52:42 | Trackback(0) | Comments(0)
授業風景
同僚のマルティンシュが授業をしているところ。
martins_jugyouchuu

他の教室は知らないけれど、美術室では席は自由。
たくさんの生徒が日本の生徒よりも積極的に発言をし、議論をする。
自己主張が強く、教科書を読みたい人、と尋ねると何人も手を上げる。
教科書は教師しか持っておらず、大事な部分は生徒が音読して他の生徒はそれをメモする。

みんなが教科書を持って勉強できる日本ってすばらしいと思った。

手捻りvaso てびねりコピーたち

≪左≫俺が作った参考作品。こんな風に、壷とか甕の形にとらわれず、自由な発想で制作して欲しくて作ったのだけれど・・・。
≪右≫健康診断で留守にしている間に同僚が、技術を見るために俺のと同じものを作れと言ったらしく、たくさん生まれた変なコピーたち。

もうちょっと後に、四角い作品がみたいとの生徒からのリクエストで作った作品。
手びねりその2


モザンビーク ~隊員活動~ | 22:51:29 | Trackback(0) | Comments(0)
陶芸の授業と窯の話
たまにはブログ更新しないと。

最近のこと。

・ネット不通問題長期化か
・陶芸の指導本格的に開始
・窯作り開始

宅でインターネットが使いたい。
それだけなのにそれがかなわない。
現在うちを含む学校周辺地域の電話が不調で使えない状態。
2月から半年分払った別の会社のネット料金はドブに捨ててるようなもの。
ダイヤルアップにつなごうと何度も試しても電話線の雑音のせいで繋がらず。
その試した時の料金と試験的に使った電話だけで結構な額を請求され。
その請求書も届けられなかったために未払い扱いで電話線を止められてて。
止められてた1ヶ月間の基本使用量だけを請求され。

さすがの温厚な俺もブチ切れて村の営業所のおっさんにクレームつけて、
電話料金を払って使用再開しても地域全体が不調なのでどうせ使えないんだから、
完全に復旧するまで払ってたまるかと電話料金の支払いを拒否して、
おっさんのむなぐら掴んでタコ殴りにして店をめちゃくちゃにして帰ってきたってのは
誰がどう考えても途中からウソやけど。
実際どこにドロップキックをすればいいのか分からない状態。

ちゃんと学校の同僚に相談して、電話会社に賠償請求しなければね。

いかんいかん、これではただの愚痴だ。


芸の指導を開始したのですが、授業の運営自体は同僚のマルティンシュがほぼやってます。
しかしある程度授業の説明をしたら後は陶芸の授業だからと俺に任せて帰ってしまい、
自宅で休んでて出てこなかったりします。
その辺の話し合いをこれからちゃんとやって、できれば俺の知ってることで役に立つことを少しでも伝えられたらなあと思うのですが。

ただ教えに来ましたよと言っても向こうに興味が無ければ押し付けがましいだけなので、
とりあえず向こうの得意分野を教えてもらうことで擦り寄っていこうという作戦に。
染め物を教わろうかと思うのです。

ちなみに同僚のマルティンシュは今年も生徒との浮気を開始しました。
今のところ怪しいのは一人か二人なんですが、はっきりと確証があるわけではありません。
先日、知っているものと思って他の同僚にマルティンシュの浮気相手の存在をバラしそうになりました。
さらにちなみにですが、中学校でマルティンシュの教え子だった彼の奥さんは、今年うちの学校に入学し、また彼の教え子となっています。

さすがに陶芸の授業となると、自分の専門なだけあっててきぱき判断して指導ができるので、授業運営力の弱さで失った自信をちょっとだけ取り戻したりできます。

しかし生徒が他の生徒の土を盗む盗む。
自分のが無くなってたら即座に他の人のを盗む盗む。
なんなら出来上がった他人の作品すら自分のものと言い張ろうとする。
そういう気質もお茶目と取れるような性格の生徒もあるのだけれど、
憎たらしくなるくらい傲慢な生徒もいます。特に女子。
そのずうずうしさの源を見せてみろと、親の顔が見てみてえと、言いたいです。
エゴイズムは互いの足を引っ張ります。
うちは教員養成学校なのですが、正直この国の未来はまだまだ途上国なこと間違いなし。


を作り始めました。
早く作れとの打診が前々からあったのですが、重い腰をやっと上げ(俺が)、
今週から実際の築窯作業に入りました。
まだコツとリズムを掴めてないので一人の時間でやってますが、
じゃんじゃん生徒にやらせて一気に作り上げたいと思います。

あとはちゃんと機能するのかというところですが。
ちょっとオリジナル性を加えてみたりしたのでなお不安です。
なにぶん知識だけで経験が無いもので、あたって砕けて燃え尽きるしかないです。

久しぶりで長くなりました。
おやすみなさい。

モザンビーク ~隊員活動~ | 06:19:07 | Trackback(0) | Comments(0)
久しぶりの手びねり
4月18日(金)

この日は月曜に始まる陶芸の授業を控え、手びねりでの参考作品を用意した。
と言ってもその授業が始まる週はJICAの健康診断で上京するため、学校にはいない。

高さ45cm以上の花瓶という、同僚マルティンシュが出した生徒への課題がどんなもんか確かめるべく、俺自身、放課後に立体を一つ作ってみた。
この手びねりという感覚が楽しくて楽しくてしようがなく、自分がやっぱり、陶芸を一番親しい存在として成長してきていたんだなあと感じて嬉しかった。
アイデンティティーを改めて知った気がした。
それに自分のよく知っている分野の仕事をやるということは、すごく心が落ち着くしドッシリと構えた気分になれる。
いろんなことが違うここでの生活には、とても貴重なことだ。

手捻りvaso

ちなみに作るのに2時間くらいかかった。
高さは約50cm。
丁寧に作ったつもりだけれど、下部の何箇所かに縦の亀裂が何本か入っていた。
乾く前に積み上げたことと、土の質も問題かもしれない。
それと作る前から分かっていたことではあるけど、素人の生徒に45cmは厳しい。
できたとしてもすぐ壊れる。
どうにかせねば。

モザンビーク ~隊員活動~ | 09:50:09 | Trackback(0) | Comments(3)
紙の授業と教室の雰囲気
2月25日の週。

俺が始めて一人で担当した授業は「紙」の授業。
一クラスにつき週2時間あり、8クラス分8回やりました。

内容は紙についての講義形式の授業と、実習形式のは無難に折り紙プラス切り紙。
切り紙は、やってて自分でも熱中するくらい楽しい素材でしたし、
何人かの生徒も自分で工夫しながら制作してくれて嬉しかったです。

本を見たりして作った参考作品
切り紙作品例
切り紙は紙を折ってハサミで切って開いたら意外にきれいでビックリするというものなんですが、左上のコスモスのようなものを一例として生徒の前で作って見せたら、みんな驚いたり歓声が上がったり、調子のいいクラスでは拍手がおこったりしました。

同僚の別の授業の様子
授業風景
結構ちゃんと聞いてます。

切り紙制作中の生徒たち
切り紙作業中
何人もの生徒が、俺でもオオッと思うくらい面白い作品を生み出してきました。
それ以上にしょうもない作品もありつつ、ふざけた生徒もいつつ・・・。
その話は長くなるのでまた別の機会にでも。


とあるクラスの授業後集合写真
切り紙集合写真
まだ少しよそよそしいというか、俺は普通に並んだだけって感じ。
もっともみくちゃに囲まれるくらい仲良くなりたいものです。

モザンビーク ~隊員活動~ | 11:20:53 | Trackback(0) | Comments(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。