■最新記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

りゅう

Author:りゅう
愛媛県出身。
青年海外協力隊19年度2次隊
モザンビーク共和国マプト州の片田舎
美術隊員として派遣。
派遣期間2007年9月~2009年9月

そんなりゅうのJOCVの一部始終を、断片的にお伝えします。

コメントについて:コメントするときにパスワードを入力する欄に、自分でパスワードを設定しておくと、あとで自分のコメントを編集しなおせます。
mixiはコチラ

■RSSリンクの表示
■バンザイカウンター

■リンク
■ここからりゅうにE-Mailが送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
 学校のマシャンバへ。
マシャンバとは畑の意。
ポルトガル語ではないと思う。

学校の所有する畑に行った。
普段から生徒が持ち回りで管理している畑で、休みに入った今も当番があるみたい。

さすがアフリカ超ひろい。
畑仕事  カカーナの煙
右の写真の左のほう、煙が上がっているのは、カカーナ(さとうきび)畑で何か燃やしてるから。
任地の近くにはMarragula(マラーグラ)という砂糖を大量生産している地域があり、そこで働いている人はかなり景気がいいらしい。
ほんとかどうか知らないけれど、給料が月50万円くらいあるとか無いとか。
それが本当なら、うちの同僚教員たちの十倍くらいもらってることになる。


水をやる。端に掘ってある穴に水が溜まっていて、そこから汲む。
arregar


大自然の中にキラリ。
宝石


俺もお手伝い。
水やりお手伝い


今回はコウヴィという白菜の強いやつみたいな、ちんげんさいのごついやつみたいなのと、レタスを収穫して帰りました。
収穫

おすそ分けをいただいてさっそく煮込んでカレーっぽい何かにしていただきました。
couve


そういえば、俺の前にいた隊員のブログに、このマシャンバについての記事があったようなことを思い出した。
あー、同じ場所に、日本人が、いたんだなー、って少し思いにふけった。

モザンビーク ~暮らし~ | 16:36:47 | Trackback(0) | Comments(5)
ネット状況その後
電話線のチェーック。
前回、「来週来る」と言っていた週の木曜日にちゃんと業者は来てくれました。
そしてチェックしてもらったところ、事態は思ったより多少深刻でした。

僕のうちの電話線が問題ではなく、外の、地面の下をずーっと伸びている線が湿気のせいで状態が悪く、大掛かりに取り替えなければならないかもしれないのです。

結局、ちょろっと来た業者2人組みは今週はできないからと、来週にまた来ることになりました。

前途多難。
終わりは来るのか、俺の戦いに。

モザンビーク ~暮らし~ | 11:00:21 | Trackback(0) | Comments(0)
ネット状況について
インターネットつなぎたいと最初に動き出してからもう4ヶ月くらい経ちました。

様々な壁にぶつかって、まだ自宅ではネットができません。

電話線も開通させました。
もうネット使用料金も払っています。

しかし今、おそらくは電話線の雑音のせいでダイヤルアップができません。
電話会社に改善をお願いしているのですが、すぐに改善されるとも信じきれないし、もしかしたら雑音以外のことが原因かもしれないし。

とりあえず、来週来ると聞いている業者を待つしかないです。
来週って、平日だけで5日間もあるのにいつ来るんだろう。

モザンビーク ~暮らし~ | 19:31:21 | Trackback(0) | Comments(2)
微熱、微食中毒?
2月7日午後、昼寝をした後に熱っぽいので測ってみると最高37.4度まで上がった。
おなかの具合と全体の印象からして、以前の食中毒と同じだなあと感じた。

翌日、熱は下がって回復したので良かった。
今回は何が原因だったのか、不明。
水かな。

モザンビーク ~暮らし~ | 21:05:23 | Trackback(0) | Comments(0)
自宅にネットを引きたい
協力隊員は職種によっては、電気はもちろん水道すら無い家に住んでいる人も居ます。
そんな中でネットを自宅になんていうのは結構贅沢な気もするけど、時代の流れ的にはもう普通の望みです。
できるんならやる。

ネットを自宅に引くのはりょうと頻繁に連絡を取るためです。
今、りょうとの連絡手段は週末のドミでのE-Mailとスカイプ以外ではソフトバンクの携帯SMS。

国際SMSは送受信それぞれ1通100円。
通話は1分262円とかだったかな。

今年に入って1ヶ月分のメール送受信を数えてみると各50通近くあったので、
あの短いメールのやり取りだけで10000円かかっていることになります。
それ以外にもたまに電話で話すことがあるので、なかなかバカになりません。

ISDNみたいな感じで、電話線やけど定額で使い放題っていうサービスがあるみたいです。
ただすごく遅そう。
学校のネットと同じ速度だとしたら29.2KB/s。

それでも定額で使えるならばと電話線の契約はもう済ませました。
うちに電話線の工事に来てもらったら次はネット契約。
前にネット携帯で失敗しただけに今度こそ確実に決める。

目指せ夢のネット生活。

モザンビーク ~暮らし~ | 20:12:02 | Trackback(0) | Comments(2)
物価の高騰
2月3日(日)は英雄の日という祝日。
振り替え休日の月曜日があけて5日火曜日、
どうやらシャパ(ミニバス、庶民の足)の料金が値上げになったらしい。
それに対して住民が暴動を起こした。
街で道をふさいだりタイヤや車を燃やしたり石を投げたりと、マプトの市内は結構な騒動だったとか。
人通りが少ないと店で強奪とか起こりやすいのでどの店も閉めちゃうらしい。

シブトゥトゥイーネの自宅に居ても、マニサの村まで用事で行きたくてもシャパが走ってなかったり、バリケードしてあるとこがあったり暴動を警戒して商店が閉まってるとかいう噂を聞いて、結局何もできなかった。
この日は学校の寮に生徒が入ってくる日だったのにポツリポツリとしか来なかった。

テレビもラジオも全然聞いていない俺はそのことを、暴動当日の事務所からのメールで知った。
大使館も事務所もそんな大事になるとは思ってなかったみたい。
すでにシブトゥトゥイーネの自宅に戻っていたからよかったものの、1日遅らせたら交通がマヒしてて帰れなくなるところだった。


政府はすぐにシャパの料金値上げを取りやめ、人々の暴動は終わった。
しかし今度はシャパ組合が怒って暴動があったとかなかったとか。
ガソリンは150円/ℓくらいしてすごく高いし、石油の価格は上がってるらしいからいろんなものの値段が上がってる。
小麦や米の値段も上がった。
シャパ代だけあがってないのなら、そりゃあシャパ運営者は怒るか。

とにかく情報収集の大事さを少し真剣に感じた。
今のところ一番はテレビを持っている同僚に話を聞くくらいしかない。

モザンビーク ~暮らし~ | 12:11:03 | Trackback(0) | Comments(2)
ネット天国と思いきや・・・
途上国だけれども、協力隊だけれども、自宅でネットをつなぎたい。

この贅沢な望みも、今ではそんなに飛びぬけた贅沢ではなくなってきている。
ここモザンビークでも、首都中心部ならケーブルテレビを使ったADSLのインターネットがあるし、カードスロットやUSBで通信機器をPCに接続して好きな場所でネットができるというものもある。郊外ではダイヤルアップでも定額で使い放題のサービスもある。

そんな中でも俺が選んだのは、インターネット接続ができる携帯電話をPCとつなげばどこでもネットができるというサービス。最近できたこのシステムにはややこしい契約も不要で、1MBの送受信につき7.87MTnという値段は通話と同じプリペイドなので、使用量も自由にコントロールできる。

ただその初期投資として携帯電話を買わなければならないというのが隊員には少し勇気がいる。
俺が買った携帯も、5999MTnと一ヶ月の生活費の6割近い値段だったけれど、ネット接続ができる携帯としては下から2番目の値段。
それでもMP3やMPEG4も再生でき、outlookと同期してスケジュールやアドレス帳の管理もできる。使わないだろうけどそんな便利な機能付き!
他は大体10000~20000MTnだった。
(1MTn=4.5円、5999MTn=約27000円)
(MTn=メティカル、2MTn以上は複数形でメティカイスと読む)

ドミでこのブログを交信しているときの携帯の様子。
MOTOROLA-SLVR

買って、お店で設定してもらって、何人かに自慢しちゃって、自宅に帰ったら、
電波が弱くてネットが使えなかった。
こんなオチでした。

ネットが開通したと大喜び(勘違い)してお祝いに食べた取って置きのカレー職人。
(acochinco先輩にもらった分)
幻のネット祝いカレー職人

やり場のない切なさも時に経験できる、
そんな国、モザンビーク。

モザンビーク ~暮らし~ | 21:06:51 | Trackback(0) | Comments(3)
Feliz(幸せ) ano(年) novo(新しい)!
2008年になりました。
日本の年明けはモザンビークでは午後5時やったけん、知らんうちに過ぎてあわてて日本に電話。
ドミのケーブルテレビでNHKの行く年来る年が流れてて年明けに気づいた。
まずはりょうに、そして実家に。
どちらも意外だったのか、驚いてらっしゃった。

こちらでの年越しは、大使館の領事のお宅に隊員10人ほど招いていただいてのホームパーティーでした。
そこに「モザンビークの青い空」の著者の方もおいでになって、お土産になんとマグロを持参!!
俺はそんなに日本の食べ物に執着することも無く、「郷に入れば郷に従え」る人だと思ってたんやけど、
不覚にもマグロの刺身と醤油とわさびに感動してしまった。
やはりうまい、うますぎる。

日本を離れてまだたったの3ヶ月。
モザンビークの食べ物もおいしいのだけれど、寿司、刺身の類はちょっぴり遠い存在。
acochincoさんの話によると帰国後半年経った今でも、スーパーでつい刺身パックに手が伸びるとか。
やはり日本人。

年越しの瞬間はいろんな方面で花火が上がった。
アフリカにしてはそこそこの規模で、一番長く上がった所では10分くらい続いた。
しかし師走の厳かで凛とした雰囲気と新年のすがすがしい空気は全然無くって、
完全に、「お盆の納涼花火大会」。

何はともあれ、無事、初めて、モザンビークでも新年を迎えることができました。
みなさん、本当にありがとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

モザンビーク ~暮らし~ | 10:28:00 | Trackback(0) | Comments(4)
急性胃腸炎になってました
12月9日(日)体調不良

22:00
 夜、ドミ(隊員連絡所)で適当に食べ物をつまんでいると、いきなりお腹に違和感を感じ始めた。(それを俺はマサーラという果物のせいではないかと決め付けている。)
23:00
 気持ち悪いので早めにベッドに入るが、時折痛みで目が覚める程お腹の調子が悪い。
01:30
深夜1時半くらいに起きてきてトイレへ行き、少し下す。
 それでもお腹の気持ち悪さが抜けず、楽になりたくって一生懸命吐く。2,3度吐いてお腹の中は空っぽになったと思ったのに、それでもお腹の違和感と不定期に来る痛みは治まらず、熱を測ると37度を超えている。
 寝るのも大変だった。

12月10日(月)急性胃腸炎

05:30
 前夜から続く嘔吐と下痢で、明らかに水分不足だった。脱水症状を起こさないためにも、常温の水と粉末ポカリで薄めのスポーツドリンクを作る。少しずつ飲むが、ある程度飲んだら下して出てしまう。熱も38度近くにまで上がる。
09:00
 熱が出るとまずマラリアを疑わなければならない。マラリアは処置の早さが物を言う。
 簡易マラリア検査キットを試すも、なかなかうまくいかず正しい検査結果が出ない。多分陰性だろうと思いながらも、不安になる。
(後でマラリアにかかった人の話を聞いたが、マラリアならこんな生易しい苦しみではないようだ)

13:30
 昼から病院へ行き問診と採血。
 結果が出るのは2時間後なのでいったん帰るのだが、帰るころには鳥肌が立ち寒気がしてきた。
 熱が上がってきた証拠だ。測ると今回最高の38.5度をマーク。
15:00
 しかし解熱剤を飲むためにお腹に食べ物を少し入れても吐いたりすることもなく、その後病院に行くまでの1時間半、汗びっしょりかいて熱の下がりそうな寝方をした。
 ので、平熱まで下がった。
17:30
 病院の検査の結果もマラリアでは無いと出て、ほっと一安心。しかし
              急性胃腸炎
いわゆる食あたり、食中毒です。
なのに夜はカレーも食べて少しビールも飲んで、お腹はまだ下り気味だった

 俺が食べたマサーラは日中から暖かいダイニングに放置されていたもので、食べた後冷蔵庫に保管されていたにも関わらずカビが生えていた。
 原因はそれでしょ。

モザンビーク ~暮らし~ | 07:19:54 | Trackback(0) | Comments(3)
12月7日(金)お裁縫
 洗濯物を雨でめちゃくちゃにやられたので、長期休暇に入ったのにこの日もまた首都マプトへ行けなくなった。
 朝から濡れた洗濯物を濯ぎなおし、乾くのを待つ間にお裁縫にチャレンジ。
 余っていたカプラナ(アフリカの布)で、前々から作ろうと思っていた洗濯ばさみ入れを作った。なぜ洗濯ばさみ入れかというと、洗濯物を干すときに、どうしても小脇から洗濯物をさっと取り出したかったのだ。
 トートバッグを参考にしながら、マチもちゃんと作って、チクチクと4時間くらいかけて一気に仕上げた。

A pasta da minha mão

 かなり充実した時間を過ごせた。これで学校の服飾室のミシンが使えたら、もっと手軽に複雑なものができそうな予感。洗濯ばさみを入れる為だけには少し大きいかな。それにペラッペラの布を袋にしただけなので、ペラッペラの鞄である。

A pasta vestido

同僚のマルティンシュは自分のシャツを自分で作ったりしてるし、そういうのいいね。

 夕方洗濯物を取り込んで部屋干しに切り替えたとたん、また雨が降り出した。我ながらナイス判断。
 雨が降ると電圧も安定せず停電も頻繁に起こり、冷凍庫の物が熔けはじめ、扇風機も弱々しくなる。こうなるとますます早く首都に上がりたくなる。

モザンビーク ~暮らし~ | 05:44:30 | Trackback(0) | Comments(1)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。